ロタの予防接種は本当に必要なもの?いつまで接種できる?副作用は?


 

赤ちゃんは色々な予防接種を受ける必要がありますが、

一番初めに受けるとなればロタが多いです。

ですが、この予防接種は任意接種なので、

本当に必要なのか疑問に持つママも多いです。

 

ロタの予防接種は金額も高いですし、

本当に必要なのか悩む人も多いので、

今回はロタの予防接種の必要性をご紹介します

 

 

SPONSORED LINK

★ロタの予防接種は任意接種だけど本当に必要?

 

ロタの予防接種は生後2か月からできる予防接種です。

なので、一番始めに受ける予防接種と言えますが、

これは任意接種なので中には受けないママもいます。

 

私の場合、2人の子供がいますが、

上の息子は受けないで下の娘は受けています。

任意接種ということもあり、

本当に必要な予防接種なのか新米ママだとよくわかりませんよね。

 

ロタというのは5歳までにほぼ100%かかる病気です。

とはいえ、多くの子供はお腹の風邪と勘違いして

実は感染していることに気付かないで終わることも多いのです。

 

しかし、稀にロタが重症化することもありますので、

予防接種をしておくと症状を軽く済ませることができるのです。

 

image001

出典:http://mamari.jp/6634

 

ロタは最近になってできた予防接種なので、

私が小さいころはこのような予防接種はありませんでした。

なので、必要でないのでは?と感じる人もいるかもしれませんが、

ロタの予防接種をしておけば、重症化は90%防ぐことができます。

 

そして、ロタの感染率も70%から80%ほど減らすことができるのです。

ロタに感染して重症化してしまうと下痢や嘔吐で脱水症状になります。

子供が脱水症状にかかると命を落とす危険もあるのです。

 

予防接種をしても必ずロタに感染しないわけではありません。

ですが、症状を少しでも軽くさせることができますので、

ロタの予防接種は必要だと言えます。

 

image002

出典:https://mamanoko.jp/articles/4468

 

私がどうして、息子にはロタの予防接種をしないで娘にしたかというと、

息子の幼稚園でロタに感染した子供がバスの中で嘔吐したそうです。

そして、一緒に乗っていたバスの園児が

次から次へと感染していった話を聞いて怖くなりました。

 

初めての出産で息子の予防接種開始が遅くなり、

予防接種できる期間が過ぎていたので、

「費用の負担も大きいし任意接種だからいらないかも」と思っていました。

 

今では後悔していますので、

きちんと必要性を考えて予防接種のスケジュールを立ててくださいね

 

 

SPONSORED LINK

★ロタの予防接種が必要だと感じたらいつまで接種できるの?

 

ロタの予防接種は必要だと感じたら

すぐにでもスケジュールを立てる必要があります。

ロタの予防接種できる期間はとても短く、

産後なかなか生活リズムをつかむことができていない新米ママからすると

予防接種できる期間を逃してしまう恐れもあります。

 

ロタの予防接種には2種類あってロタリックスとロタテックがあります。

この種類によって多少受ける期間が異なります。

 

そこで、

ここからはロタリックスとロタテックの接種期間をご紹介します。

 

・ロタリックス

生後6週から受けることが可能

1回目:生後20週までに受けないといけない

2回目:生後10週から生後24週までに受ける

 

・ロタテック

生後6週から受けることが可能

1回目:生後24週までに受ける

2回目:生後10週から生後28週まで

3回目:生後14週から生後32週まで

 

このように比較してみると

ロタテックの方が少し余裕を持ちながら受けることができます。

ですが、接種回数が多いので費用の負担は大きいです。

ロタの予防接種は任意接種なので費用負担があります。

 

私の場合、娘はロタリックスで1回13000円でした。

なので、合計26000円の負担がありました。

病院によって金額が異なりますので、

1回いくらで何回の接種が必要か確認してみてくださいね。

 

image003

出典:http://topicks.jp/37657

 

また、ロタリックスとロタテックの違いについてですが、

ロタリックスはヒト由来のため、

免疫が付きやすく1種類のロタウイルスワクチンとなっています。

 

一方、ロタテックはウシ由来で免疫がつきにくいです。

ですが、最初から5種類の免疫を取得することが可能です。

効果はどちらもさほど差はありません。

よって、どちらを接種しても問題なのです。

 

なので、

ロタの予防接種を必要だと感じたらまずは病院に電話をして

具体的な内容を確認してみてくださいね。

 

★ロタの予防接種の必要性はわかったけれど副作用は?

 

ロタの予防接種の必要性はわかっても、

やはり副作用は怖いですよね

予防接種をしてみないとこればかりは誰にも分らないことです。

 

そこで、

ここからはロタの予防接種の副作用をご紹介していきます

 

〇ロタリックスの副作用

 

・ぐずり

・下痢

・咳

・嘔吐

・鼻水

・食欲不振

・発熱

 

この中で一番多いものはぐずりと下痢と鼻水と咳です。

なので、予防接種後は赤ちゃんの機嫌が悪くなりやすいといえるので、

よく観察をしておきましょう。

 

〇ロタテックの副作用

 

・下痢

・嘔吐

・胃腸炎

・発熱

 

この中で一番多いのは下痢です。

ロタの予防接種をすれば1週間ほどかけて便からウイルスを排出します。

そのため、おむつ交換をするときは親は手洗いに気をつけることが必要です。

 

大人がロタに感染することを心配する必要はありませんが、

基本的に手洗いは行いましょう。

 

image004

出典:http://health-note.info/baby-yobo001

 

〇腸重積のリスクが増加

 

ロタの予防接種をうけて

初回の接種から31日の間に腸重積のリスクが増加します。

腸が腸の中に入る病気なので、

子供の様子をきちんと観察する必要があります。

このような症状が出たら病院を受診するようにしましょう。

 

・不機嫌で泣きが多い

・ぐずりが多い

・イチゴジャムのような血便

・嘔吐を繰り返す

・顔色が悪い

・お腹が張っている

 

赤ちゃんや子供というのは夜になると体調が急変することが多いです。

なので、いつもと違うところはないかきちんと確認してくださいね。

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

ロタの予防接種の必要性がわかれば、

任意接種であっても予防接種をした方が良いということがわかりますよね。

 

副作用は怖いですが、

これは誰にでも起こることなのであまり恐れずに、

子供のために予防接種を進めていってくださいね。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ