なぜ「子育ては3歳までが特に大事」と言われるの?


 

子供の将来のためにも乳幼児の間に

どう育てるかは非常に大切だと言われています

 

image001

出典:https://pixabay.com/

 

三つ子の魂百まで、という言葉がありますが、

3歳までにどのようにしつけをするか、

またはどのような教育をするかによって

作られた性格は死ぬまで変わりません。

 

3歳までに人生が決まってしまうのです。

 

3歳で人生が決まってしまうのはなぜ

3歳までに子供をどう育てたらいいの?

 

子供のこれからの成長を助けてあげるために何が出来るのか、

3歳までの子育てについてお話します

 

 

SPONSORED LINK

3歳で人生が決まってしまうのはなぜ?

 

image002

出典:https://www.pakutaso.com/

 

生まれた時には目も見えなかった赤ちゃんは、

3歳までに急成長します。

起きては眠るを繰り返すだけだった赤ちゃんが、

3歳になる頃には言葉も話し、

駆けまわるようにまでなるのです

 

脳の80%は3歳までに作られ、

3歳までの育て方で人格や言語能力

だいたい決まると言われています。

 

その時期に、親が子供に十分愛情を注いで育てていないと、

子供は自分の意志を伝えたり、

相手の気持を理解することができなくなってしまう、

という研究報告もあり、

3歳までの子育ての重要性が実証されています。

 

 

SPONSORED LINK

3歳までに子供をどう育てたらいいの?

 

image003

出典:http://www.ac-illust.com/

 

小さい子供はまだ自分の気持を伝えることが上手ではありませんが、

親が先回りをしておもちゃなどをあれこれ与えてばかりいると

自主性のない子供が育ってしまいます。

 

心配な気持ちはわかりますが、

子供の要求を聞いてから動くようにしましょう

 

3歳までの子供は毎日が新しい発見です。

子どもと一緒にいろいろなものを見て一緒に楽しむことも大切です。

忙しいからとテレビを見せてばかりではなく、

一緒に触れ合って遊ぶ時間をたくさんつくりましょう

 

コミュニケーション能力を磨くためには、

同年代の他の子供達と遊ぶ機会も必要です。

公園などに出かけて、

他の人達とどんどん触れ合わせてあげてください

 

何をするにしても、子供は時間がかかります。

しかし、待っていられなくてすぐに手を出してしまうと

何もできない子になってしまいます。

 

時間がかかってもできたことに達成感を感じて、

また新しいものに子供が挑戦したくなりますから、

親は必要なときだけ手を出すようにしてください。

 

子育てに終わりはありません。

親としては大人になるまで見守る必要があるのですが、

子供の将来のために、

3歳までは特に子育てをがんばってください。

 

頑張ることはいいのですが、

全てに見守るという気持ちを忘れずに

 

子供の自主性を重んじて、

誰かと比べることなく、

その子のペースで成長する様子を温かく見守りましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ