怒ると叱るは違う!親がとるべき行動とは?


 

子供を育てている上で、怒る機会はとても多いですよね。

親からすると怒りたくないけれど

どうしても怒らないといけなくなってしまうこともあります。

 

また、親は感情的に怒ってしまいがちです。

なので、子供を怒る前に親がするべきことをご紹介します。

 

これで、

少しはイライラもおさまって怒らなくて済む日も増えるかもしれませんよ

 

 

SPONSORED LINK

★怒ると叱るは違うものです!

 

image001

出典:http://woman.mynavi.jp/131117-043/xf3055089945w/

 

子供に対してイライラしてしまい、

ついつい怒っている親も多いですよね。

でも、

怒ると叱るは別物でありちゃんと区別することが大切です。

 

・怒る

→相手に対して感情を言葉に表して発することです。

子供に対して「どうしてこういうことするの!」と

きつく当たっているのは怒っているということになります。

 

教育上、これは子供に対してよいものではありません

子供は「自分のことが嫌いだから怒っている」と思ってしまうからなのです。

 

・叱る

→叱るとは感情的にならないで冷静に言葉で注意することをいいます。

よって、子供がどうして悪いことをしたのかについて

きちんと説明しながら教えてあげることをいうのです。

そのため、子育てにおいては怒るのではなく叱るが大切であると言えます。

 

 

SPONSORED LINK

★イライラを子供にストレートにぶつけていませんか?

 

母親も人間ですのでイライラすることは必ずあります。

でも、その感情を子供にストレートにぶつけることはよくありません。

 

子供の心を傷つけてしまい悪影響を及ぼしてしまうのです。

また、親子関係もギスギスしてしまいますので、

イライラしていても子供にはあたらないでください。

 

image002

出典:http://child.xsrv.jp/wp-content/uploads/2015/01/3422bb5fb13238c94639b76e62ae6512_l.jpg

 

★親はどうして子供を怒ってしまうの?

 

子供は親の言うことは素直に聞いてくれるわけがありません。

それに対して親はついつい怒ってしまいます。

かといって親が言っている言葉のすべてを子供は理解することができませんので、

できなくて当たり前といえます。

 

親が怒りっぽい原因は短気であったり、

完璧主義な人に多く目立ちます。

よって、

子供を怒らないようにするためには何かしら工夫をすることが必要となるのです。

 

★じゃあ、子供を怒る前に親はどうすればいいの?

 

子供を怒らないようにするために、

親がやるべき行動があります。

 

なので、その行動を5つご紹介しますので、

参考にしてみてください

 

1.平常心を保ち落ち着いて対応しよう

→親は常に平常心を保つことが大切です。

よって、感情にあわせて怒ることはしてはいけません。

怒る前に冷静に物事をとらえるだけでもイライラとした気持ちを無くすことができます。

 

2.普段から子どもはたくさん褒めてあげよう

→子供は褒め殺しでいいくらい褒めてあげることが大切です。

言うことを聞かなかったり、

わがままを言い始めたら褒めながら誘導してあげることで

素直に親の言うことに応じてくれたりするのです。

なので、怒るのではなく褒めることが大切です。

image003

出典:http://www.pro-photo.biz/?p=31

 

3.怒りそうになったらその場からまず去ること

→子供に対して腹を立てた時は怒る前にその場を立ち去りましょう。

旦那さんなどと交代をして子供から少し離れることが大切です。

そうすれば、怒らずに済みますし気持ちも冷静になりますので、

きちんとした対応をすることができるようになります。

 

4.子供には注意点を教えることが大切

→どこか出かけるときなど子供が騒がないように

前もって注意点を教えておくことも大切です。

そうすれば、子供はここで騒いではいけないところなんだと判断して

親の言うことを聞いてくれたりします。

 

よって、子供には事前に行く先、

何をしてはいけないかを伝えておきましょう。

 

5.親子でルールを決める

→親子でルールを作ることは大切です。

そのルールをやぶったら注意をすればいいのです。

また、母親が叱っているのにパパが許していては子供が混乱してしまいますので、

きちんと夫婦間でも統一することが大切です。

 

そして、叱るときはダラダラというのではなく、

簡潔に短くするほうが子供に伝わりやすいです。

 

★まとめ

 

子育てをするに当たって親は色々な悩みを抱えやすいですが、

それは心に余裕をなくしてしまいます。

そのため、子供を叱るのではなく怒るという行動に出てしまいますので、

ストレス解消もどこかでする必要があります。

 

今日からでも遅くはありません。

これらの行動を守って、

怒るのではなく叱るという接し方で子供を育てていきましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ