突発性発疹はいつまで続く?症状の特徴は?効果的な水分補給方法は?


 

赤ちゃんが一番初めにかかる病気ともいえる突発性発疹

ぐずりが酷く親も大変な思いをすることが多い病気です。

この病気になった赤ちゃんはいつになったら治って

いつも通りの生活を送ることができるのか疑問に思う親は多いです。

 

そこで、今回は赤ちゃんの突発性発疹が

いつまで続くのか私の体験談を踏まえてご紹介していきますね。

 

 

SPONSORED LINK

★赤ちゃんの突発性発疹はいつまで続くもの?

 

突発性発疹は生後半年から1歳半の間にみんながかかる病気です。

突発性発疹は別名「不機嫌病」とも言います。

なので、赤ちゃんが突発性発疹になると病気が終わるまで不機嫌がずっと続きます。

 

いつもならご機嫌で遊んでくれる赤ちゃんが

もう1日中不機嫌な状態になってしまうと親も辛いものがありますよね。

これがいつまで続いて早く機嫌よく遊んでくれるのか、

母親だったら終わりが見えてこないととても辛いですよね。

 

突発性発疹がいつまで続くかというと、

高熱は3日から4日間ほど続きます。

高熱によって赤ちゃんはとても辛いので不機嫌な時間がとても多いです。

 

そして、高熱が終わると1日から3日内に発疹が出ます。

この発疹は3日から4日ほどで治ります。

つまり、突発性発疹は1週間程度続くので

この間はずっと赤ちゃんは不機嫌な時間が長いと言えます。

 

image001

出典:http://koarubiyori.jp/item/4574

 

私は2人の子供がいますが、

上の子は熱に強かったのか比較的ぐずりは少なく、

発疹が出てからの4日間は不機嫌な時間が多くてとても辛かったです。

 

下の子は熱に弱いためか、

高熱が出ている間は泣く時間がとても多く、

1日中、おんぶと抱っこで生活をしていましたよ。

さすがに3日間連続で1日中抱っこは腰が痛くなりましたね。

 

なので、赤ちゃんが突発性発疹になったら

1週間程度いつも通りに家事をすることはできません。

もうあきらめて赤ちゃんのご機嫌取りをする1日にしないと

母親もストレスが溜まってしまいますよ。

 

私は主人しか頼る人がいませんでしたので、

洗い物をしてもらったり、

子供を見てもらっている間に掃除や家事を済ませていました。

 

image002

出典:http://koarubiyori.jp/item/4574

 

赤ちゃんの熱が続いていると夜中も泣いておきますし、

母親は寝不足の日々が続きます。

誰かに手伝ってもらわないと次は母親が倒れてしまいますので、

無理せずできることをできるときに行って、

まずは赤ちゃんを優先にしてあげてください。

 

 

SPONSORED LINK

★突発性発疹の特徴は?普通の風邪との見分け方

 

突発性発疹は始め高熱が出ます。

高熱が出ると風邪かな?と親は思いますが、

実は風邪とは全く違う特徴があるのです。

普通の風邪というのは熱が上がったり下がったりします。

 

しかし、突発性発疹の高熱は全く下がりません

よって、40℃近い高熱が3日ほど続きます。

長い赤ちゃんですと5日続きますね。

 

そして、高熱が出ても比較的元気なのが特徴です。

また、高熱以外の症状も特にありません。

私の下の子は下痢もしていましたが、

それ以外本当に症状がないのです。

 

よって、病院を受診しても解熱剤と整腸剤だけの処方となりました。

医師いわく突発性発疹でも下痢の症状はあるそうです。

 

解熱剤をもらって熱を下げようと頑張りましたが、

突発性発疹の高熱はとにかく下がらないのが特徴なので、

解熱剤を服用しても、

うちは38℃までしか下がることはありませんでしたよ。

 

高熱の間は赤ちゃんも苦しいので少しでも楽にしてあげたいとお薬を服用しますが、

結局のところあまり効果がありません。

ぐったりしていない限りは大丈夫と言えますね。

 

image003

出典:http://koarubiyori.jp/item/4574

 

高熱が続いている間は親もとても心配になります。

でも、突発性発疹というのは特別な治療がありませんので、

様子を見るしかないのです。

そのため、高熱が続いているし特に抗生剤も処方されていないから

心配だと大きな病院や救急を受診する人もいますがやめてください。

 

心配な気持ちはわかりますが、

かかりつけの小児科医の診断は特に間違ってはいませんので、

脱水症状や嘔吐など様態が急変しない限りは大丈夫ですよ。

 

私の娘も3日間、高熱が続き4日目に突入した時に病院を受診して

ばい菌の検査をしましたが、

特に問題はなくウイルスによって高熱が出ていると言われました。

 

基本的に、ウイルスというのは抗生剤が聞きませんので、

ばい菌を殺すためのお薬を服用する必要はありません

 

身体の大切な菌までも殺してしまうことになりますので、

医師の判断に従いましょう。

 

また、発疹が出てからも皮膚が真っ赤になりますが、

これも特にお薬を塗る必要はありません。

自然に回復していきますので、そのままで大丈夫です。

お薬は必要な時に使うようにしないと体の免疫力を下げてしまうことになり、

身体がお薬慣れしてしまうといざというときに効かなくなってしまいます。

 

心配な気持ちはわかりますが、

赤ちゃんの免疫力を信じてあげてください。

 

 

★突発性発疹はいつまで水分補給をこまめにしてあげるべき?

 

突発性発疹は高熱が続きます。

そのため、水分補給をこまめに行うことが大切です。

赤ちゃんは水分不足であると親に伝えることができませんし、

1日中機嫌が悪いので泣いているのも何を訴えているのかよくわからなくなってきます。

 

そのため、

母親ならいつもどのくらい子供が水分を取っているのか把握しているので、

いつもより多めにあげることが必要です。

 

お茶、イオン水、野菜スープなど

赤ちゃんが水分補給しやすいものを選んで与えてください。

 

image004

出典:http://akachan-sos.net/archives/526

 

経口補水液もありますが、

これは赤ちゃん好みの味とは言えません。

塩と砂糖が混ざった味がします。

 

これを飲んでくれるのが一番ですが、

子供向けのイオン水でも十分水分補給ができます。

また、子供向けの味になっているので好きな赤ちゃんは多いですよ。

 

赤ちゃんが脱水症状になっているのか

どうやって判断するのかわからない人も多いですよね。

赤ちゃんの皮膚はいつもハリがありみずみずしい状態ですが、

脱水症状になるとしわっぽくなります。

 

そのため、

このような状態になる前に水分補給をしてあげることが大切なのです。

 

image005

出典:http://www.e-ikuji.info/topics/2012_7_24.html

 

また、いつまで水分補給を続けるかというと高熱が下がるまでですね。

発疹が出て平熱が続くようでしたら問題ありません。

ただ、不機嫌でなかなかお茶をいつものように飲んでくれないという場合は、

イオン水を飲ませても良いですね。

 

赤ちゃんの体調に合わせながら水分補給をしてみてください。

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

突発性発疹はとても厄介な病気です。

赤ちゃんも辛いですし、母親も大変なことが多いです。

 

でも、この病気はみんなが必ずやるもので、絶対に通る道と言えます。

突発性発疹になったら覚悟を決めて赤ちゃんのお世話を頑張りましょう。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ