家にあるアレがおひな様に変身★親子で作れる簡単ひな祭り工作の作り方 part4


 

ひなまつりは雛飾りをおうちに飾るおうちも多いですよね。

でも、子供が少しずつ工作を楽しめる時期であれば、

子供の成長の証にひなまつりに工作を楽しんでみてはいかがですか?

 

誰にでも簡単で身近にある材料で手作りを楽しめるので、

今回はひなまつりにおすすめの工作をご紹介していきます。

 

 

SPONSORED LINK

ひなまつりは雛飾りを身近にある材料で簡単に工作してみようpart1

 

1

出典:http://happylilac.net/hinaningyo2.html

 

<準備するもの>

色画用紙

ペン

はさみ

 

<作り方>

1.写真を参考に長方形の画用紙A4B5にお内裏様やお雛様の絵を描います。

無料でもダウンロードできるものがありますので

お好みで使ってみてくださいね。

11

2.次に画用紙を半分に折ります。

12

3.半分に折って折り目をつけたら開いてください。

13

4.写真のように真ん中に向かって三角に折ります。

14

5.裏返すとこのようになります。

15

6.脇を折っていくと写真のようになります。

16

7.さらにサイドを折ります。

17

8.全部に折り目をつけたら全部をまた開きます。

18

9.そして、写真を参考に真ん中より右側の線を折ってください。

19

10.それから、真ん中の線より1本右の線を内側に折ってください。

110

11.はみ出している部分は裏側に折ってくださいね。

111

12.裏返すとこのような形になります。

112

13.写真のように、下側を折ってください。

113

14.これを立てて完成になります。

お雛様も同様の作り方で試すと

おひなさまにぴったりの雛飾りを画用紙で工作することができます。

114

 

いかがでしたか?

ベースが決まっていれば、誰でも簡単に雛飾りを工作することができます。

今は無料ダウンロードできるベースを印刷することができるので、

工作も楽に楽しむことが出来ます。

 

折り方を教えながら親子で工作がひな祭りに楽しめるので、

ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

ひなまつりは雛飾りを身近にある材料で簡単に工作してみようpart2

 

2

出典:https://ameblo.jp/akatsukaen/entry-11780857543.html

 

<準備するもの>

紙皿

色画用紙

千代紙または折り紙

はさみ

のり

クレヨン

ペン

 

<作り方>

1.紙皿を半分にカットします。

2.次に折り紙千代紙を使ってお内裏様やお雛様を作成します。

3.桜の木も作成しましょう。

4.できたパーツを紙皿にのりで貼り付けていきます。

5.クレヨンを使ってペイントもしていきましょう。

6.紐を取り付けたら完成です。

 

いかがでしたか?

身近にある材料で

ひなまつりにぴったりな雛飾りを簡単に手作りすることができました。

工作を楽しめる内容なので、親子で楽しんでみてくださいね。

 

アレンジも自由にできるので、

自分が試してみたい材料をどんどん取り入れて

ひなまつりにぴったりな雛飾りをオリジナルで工作してみてくださいね。

 

 

ひなまつりは雛飾りを身近にある材料で簡単に工作してみようpart3

 

3

<準備するもの>

紙皿

はさみ

折り紙

色画用紙

ペン

のり

マスキングテープ

 

<作り方>

1.紙皿を半分に折ってください。

31

2.はさみを使って、紙皿の周りを写真のようにカットしていきます。

32

3.マスキングテープを使って、着物風にアレンジしていきます。

小物は折り紙で作ってのりで貼り付けてください。

33

4.顔のパーツを貼り付けたら雛飾りの完成です。

 

一連の流れを動画で確認したい人はこちら

↓  ↓  ↓

【動画】紙皿でつくる雛人形

YouTube Preview Image

出典:youtube

 

 

まだまだあります!家のアレで簡単におひな様を作るアイディア集はこちら

↓↓↓

 

立体的で動きのある雛飾りは、

身近にある材料で簡単に工作をすることができます。

 

なので、親子でも楽しい時間を過ごすことが出来ますし、

子供の成長に合わせて作ってもらえる範囲が増えてきますので、

ぜひひなまつりに工作を楽しんでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ