子供が親の真似をする理由って?


 

子供を育てていると「私にそっくり!」と

いうような行動をとることがありますよね。

ことわざにも「蛙の子は蛙」という言葉があります

 

必ず子供は親のようにそっくりになってしまうのか、

それとも今だけなのか疑問に思う人も多いので、

今回は子供が親にそっくりに似る理由についてご紹介します。

 

これからの子育ての参考にしてみてください

 

 

SPONSORED LINK

★子供はどうして親にそっくりになるの?

 

image001

出典:http://girlschannel.net/topics/115139/

 

子供というのは親から良いことも悪いこともすべて影響を受けて育ちます。

子は親を映す鏡と言われるように、

親の口癖や習慣、

行動のすべてを子供は見ていて吸収しているのです。

 

これは、子供にとって「学ぶ=真似ぶ」と言われているからなのです。

よって、子供は何も知らないので、

まず親の背中を見て真似をして学んでいるのです。

 

そのため、

子供が親の言うことを聞いてくれないという場合、

その原因のほとんどは親であり、

親に問題があると言えるわけです。

 

そのため、

子育てをしていく上で親はお手本となるため

子供からみられていることを意識することが大切になってくるのです。

 

 

SPONSORED LINK

★特に悪いことは真似をしやすい

 

子供にとって親の行動や考え方、

マナー、毎日の家庭環境は大きい影響を与えています。

そのため、親が発している言葉、

行動の一つ一つを子供はちゃんと見ていてそこから感じ取っています。

 

さらに、悪いことほど子供はすぐに吸収してしまいます。

 

私の場合、

疲れてしまうとすぐに「限界」という言葉を使ってしまうのですが、

3歳になった息子も少し疲れると

「ぼく、もう限界」というようになってしまいました。

これはいけないと反省しできるだけ言わないように心がけています。

 

私の場合、息子は言葉が少し遅いのでまだまだですが、

女の子となればおしゃべりな子供も多いので

すぐ「うるさい」とか「もう知らないかね」など言い返して来たりします。

 

なので、

母親は自分が普段使っている口癖には十分注意が必要と言えるのです。

 

image002

出典:http://itmama.jp/2015/05/12/87465/

 

★子供に真似されることを意識して生活をしよう

 

子供は親を真似して学びそこから脳の発達を促しています。

なので、親は子供に真似されるということを意識して

普段の生活をしていかないといけません。

 

よって、自分が真似されると困るようなことは

できるだけ直していくようにするべきです。

子供が親の悪いところを真似されたくないと思ったら

まずは意識することが大切です。

 

すべての動物というのは常に学習を繰り返して生きているのです。

基本的な学習方法が観察学習であり、

人間も動物も同じと言えます。

 

子供が親にそっくりになる理由も学習の一つであって必ず通る道なのです。

なので、親がまず意識して悪いところが似ないように努力していきましょう。

 

image003

出典:http://funnyplant.com/post-867/

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

どうして子供が親にそっくりになるのかがわかりましたね

 

脳の発達を促すための学習であることとはいえ、

やはり自分の悪いところを子供がそのまま吸収してしまうのはですよね。

 

なので、親もそこは反省をして少しずつ改善していくべきと言えます。

子供ばかりにあれはダメ、

これはダメという前に親も悪いところは直していきましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ