子供が自立できるようにするためにはどういう子育てが大切?


 

子供の子育てには色々な方法がありますが、

子供が自立してくれることは親にとっても嬉しいことですよね

 

でも、

どうやったら子供が自立してくれるようになるのかな?

と疑問を持つ親も多いです。

 

そこで今回は、

子供の自立を目指す子育てのポイントについてご紹介します。

これを参考に子育てをすれば子供も早く自立をしてくれるかもしれませんよ

 

 

SPONSORED LINK

★大人も子供も自立が大切

 

image001

出典:http://wooris.jp/archives/60642

 

最近では大人になっても自立することができていない人が増えてきていると言えます。

そのことから子どももいつまでも自立することができないことが多いです。

 

子供はいずれ親元から離れていきますが、

親がいつまでも子供を自立させないと子供のためにはよくないといえます。

子供は一人個人としてその存在を伸ばしていくのが大切なことなのです。

 

よって、

子供が自立できるように親が子育ての中で促していくことが重要となります。

親と子供は常に対等である姿勢が大切であり、

親と子供の間には一線を引くことも時には必要なのです。

 

 

SPONSORED LINK

★子供が自立できるように親ができることは何があるの?

 

子供が自立してくれるような子育ての仕方は

一体何なのか気になりますよね。

 

そこで、ここからは親ができることについてご紹介していきます

 

○親が自立をすること

 

→子供は親を見て育ちます。

よって、親の真似をするのです。

つまり、

自立している親は子供も真似をして自立できるようになるわけです。

 

そのため、

子供を所有物化せずに子供の成長と共に

それに合った子育てをすることが大切だと言えます。

 

夫婦は頼り頼られる関係でよいですが、

子供は違うということを覚えておきましょう。

 

○子供をとにかく褒めてあげよう

 

→子供は褒めることで自信を持つことができます。

「自分でできる!」と自己有能感が育つことによって

自分は受け入れられているという思い、

自己肯定感が芽生えるのです。

 

よって、

ちょっとしたことでもいいので、

子供はとにかく褒めてあげることが大切だと言えます

 

○子供は甘えさせていていい

 

→乳幼児期というのは親と基本的に信頼感を獲得する時期と言えます。

これによって人を信頼する力が芽生えるのです。

 

ここで、

注意してほしいことは甘やかすわけではなく、

あくまでも甘えさせるということです。

十分に甘えさせることで安心感を持ち、

自分は価値ある存在だと実感することができるといえます

 

○子供の意欲を尊重してあげよう

 

→自立していない子供や大人はチャレンジ精神がありません。

忙しい現代社会の中では子供の話を聞き

それにあわせて行動してあげられる時間が少ないと言えます。

 

でも、

子供の意欲は尊重してあげることが大切なので、

親も子供に耳を傾けて何がしたいのかをちゃんと聞いて上げ

尊重してあげましょう。

 

image002

出典:http://youjikyouiku-kyouzai.com/?p=467

 

○遠くから見守ることも大切

 

→親が子供に対して

「こうしてみれば」とか「ああしなさい」と指示することが多いと思いますが、

子供は色々なことを考えて行動をしています。

 

よって、

子供は何も考えていないわけではないので、

過保護や過干渉はやめて、

子供に任せることも大切だと言えます。

 

そのため、遠くから優しく見守ることも大切だと言えるのです

 

○あえて危険なものにも触れさせることは大切

 

→多少危険であっても子供には危険なものに触れさせることも大切なのです。

例えば火や刃物、高いところなどがあげられます。

 

うまく慣れ親しむことができれば、

利便性と危険性のバランスのとり方を学ぶことができるのです。

 

よって、

なんでも危ないと言って子供に触らせないのではなく、

危険察知能力を育てるためにも大切なことと言えます。

 

image003

出典:http://item.rakuten.co.jp/parusu/rj538-lif102-cspa1104/

 

○失敗を経験させることがいい

 

→子供には多くの失敗を経験させることも大切です。

失敗を経験することで悔しいという気持ちが生まれます。

そのため、子供は次から同じことをしないために工夫をするのです。

 

もし、

子供が失敗した時は努力をした過程を褒めてあげるといいのです。

そうすることで子供はやる気が出て次につなげようとまた頑張ることができます。

 

★子供が自立したら育児は完了です

 

子供は自然と親元を離れて自立をしようとします。

なので、子供が親元を離れて自立をしたら育児は完了と言えます。

 

それまで、

親が子供の自立を促してあげ立派な大人になれるように見届けてあげましょう

 

○子育て4訓

 

・乳児期はしっかり肌を離さない

・幼児期は肌を離して手を離さない

・少年期は手を離して目を離さない

・青年は目を離して心を離さない

 

image004

出典:http://www.minnanokaigo.com/news/N81994687/

 

★まとめ

 

子育てに正解というものはありませんが、

子供の自立を促すことはとても大切なことだと言えます。

子供の成長はあっという間ですぐに大人になってしまいます。

 

なので、

毎日の時間がどれだけ大切な時間であるか、

その中で親は何ができるのかが重要となります。

 

少しだけ考え方を変えるだけで

子供を自立させることができるのであれば、

これからの子育てに役立てたいですよね

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ