【子供の知育】100均のラベルシールでアートを楽しもう!


100均にあるラベルシールを使えば、子供の知育に役立ちますよ。

シールを貼って重ねて並べるだけで、アートを楽しむことが出来ます。

 

子供の指先が鍛えられ、

さらに絵の発想も生まれるので子供にはいいことだらけ

 

そこで、100均のラベルシールで楽しめるおすすめアートデザインを

まとめてみました。

 

 

 

SPONSORED LINK

【子供の知育】100均のラベルシールでアートを楽しもう!

 

1

出典:https://smarby.jp/articles/58865

 

100均で売っている丸い形のラベルシール

誰でも知っているアイテムですよね。

 

このラベルシールが子供の知育に実は役立ちます。

ここからはラベルシールを使ったアートを参考に、

子供と一緒に楽しんでみてください。

 

 

 

SPONSORED LINK

100均のラベルシールで楽しめるおすすめアートpart1

 

2

出典:https://chiik.jp/articles/zJOBm

 

大小異なるラベルシールを組み合わせると

写真のようなお花を手作りすることが出来ます。

 

小さい子供ならこのくらいの作品で

十分満足していただけるのではないでしょうか?

 

はがき画用紙などお好みの材料にシールを貼りつけていくだけで、

子供の知育に役立ちますし、

子供も自分の作品に喜びを感じることが出来ます。

 

100均で大小異なるラベルシールを準備してぜひ試してみてくださいね。

 

 

100均のラベルシールで楽しめるおすすめアートpart2

 

3

出典:https://chiik.jp/articles/zJOBm

 

100均のラベルシールに慣れてくると

このようなアートを完成することができます。

 

アイディアが思い浮かばなくてもこれを参考にしながら、

自分の好きなラベルシールを貼りつけていくだけで、

アートを完成させることが出来るのでおすすめです。

 

大小異なるラベルシールをどのように貼れば、

自分が作りたい作品になるかと子供も色々と考えることが出来るので

知育にぴったりですよ。

 

 

100均のラベルシールで楽しめるおすすめアートpart3

 

4

出典:http://www.froebel-tsubame.jp/shopdetail/000000006124/

 

100均のラベルシールを使って

すごいアートを作ろうと考える必要はありません。

 

まず始めは好きなイラストを画用紙に書いて、

その線の上にラベルシールを貼っていくだけでも

こんなに可愛いアートを完成させることが出来ますよ。

 

子供が小さいのであればなおさらこちらのやり方がおすすめです。

同じ大きさの丸で色々な色でアートを楽しんでみましょう。

 

 

100均のラベルシールで楽しめるおすすめアートpart4

 

5

出典:https://www.handful.jp/curation/9815

 

最近100均では、おしゃれなラベルシールがたくさん販売されています。

原色のシンプルなラベルシール以外もありますので、

アートをより楽しめるようになりました。

 

丸いラベルシールだけなのに柔らかいカラーを取り入れるだけで、

しっかりとお花の作品になっていますよね。

 

まだアイディアが思い浮かばない小さい子でしたら、

親と一緒に貼る楽しさを教えて、

そこから子供の発想をどんどん伸ばして知育に生かしていきましょう。

 

 

100均のラベルシールで楽しめるおすすめアートpart5

 

6

出典:https://deskgram.org/p/1660776952493002953_3268203696

 

100均のラベルシールアートに慣れてきたら、

だんだんこのような作品を手作りして楽しめるようになりますよ。

 

ラベルシールを貼る順番を考えることで子供の知育に繋がり、

指先も器用になってきますのでおすすめです。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

100均のラベルシールだけで、

こんなにも色々なアートを楽しむことが出来ることがわかりましたよね。

親子で楽しい作品を完成させることが出来ますし、

子供だけでも一人で楽しめそうです。

 

材料費も少なくて子供が集中して楽しむことが出来るので、

ぜひ100均のラベルシールを活用してみてください。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ