R-1乳酸菌ヨーグルトの効果は?幼稚園児の息子に5か月試した結果!


 

冬は乾燥の季節なので風邪が流行る季節ですよね。

集団生活をしている子供がいる家庭でしたら

この季節はどうしても親がピリピリしてしまいがちです。

毎日予防していても何かしらの形で子供は風邪をひき長引いてしまします。

 

さらに、インフルエンザなどに感染してしまえば、

自宅安静が続き親の負担も大きいです。

この季節になるとR-1の乳酸菌であるヨーグルト

効果を発揮するとも言われていますが、

本当に効果があるのか疑問が出てきますよね。

 

そこで、私の息子で実験してみた結果をご紹介します

 

 

SPONSORED LINK

★R-1乳酸菌のヨーグルトは本当に風邪に効果があるのか?

 

少し前にR-1の乳酸菌であるヨーグルトが

風邪に効果があるとテレビなどで取り上げられて

一時は入手困難にまでなった商品をご存知ですか?

 

最近では、需要も安定してきていますので、

普通にスーパーで購入することができます。

でも、これを子どもに飲ませたからと言って

本当に効果はあるのかな?と疑問に思う親も多いですよね。

 

飲むヨーグルトでしたら1本あたり税抜き価格で125円ほどしますから

毎日飲ませるとなると家計の負担も大きいです。

本当に効果があるのか、

あるなら飲ませた方がいいのか迷ってしまいますよね。

 

そこで、私の息子の実験結果をお知らせします。

 

image001

出典:http://yogurt.hatenablog.com/

 

結論を述べるとR-1乳酸菌のヨーグルト

毎日必ず接種したからと言って風邪をひかないわけではありません。

もともとR-1というのはお薬でなく食品ですので

薬のような効果があるという発表は公式にはされていないのです。

 

そのため、R-1を飲み続けても

風邪やインフルエンザにかかる人はかかります

 

毎月風邪をひく3歳の息子にR-1を5か月飲ませてみた結果、

風邪はやはり引いています。

しかし、R-1乳酸菌のヨーグルトを飲んでからの変化といえば

風邪が早く治るようになりました。

 

今まで、2週間から3週間近くずるずると風邪を長引かせていた息子も

R-1乳酸菌ヨーグルトを飲んでから

だいだい1週間ほどで風邪が完治するようになったのです。

 

R-1乳酸菌ヨーグルトには体の免疫を高めてくれる効果があるため、

そのおかげで少しは風邪の治りも早くなったのではないかと考えられます。

なので、飲ませていなかった時よりは風邪の少々も軽いですし、

このままR-1乳酸菌ヨーグルトを飲ませ続けようという結果に至りました。

 

なので、気になっている人も数ヶ月の間は飲ませてみてもいいかもしれませんね

 

 

SPONSORED LINK

★R-1乳酸菌ヨーグルトの効果的な飲み方ってあるの?

 

R-1乳酸菌ヨーグルトは大人も子供も1日1本と決められていますが、

いつ飲めば効果的なのかわからない人も多いですよね。

飲み続けている人の感想からすると

その人の体質に合わせていつ飲むかが決まってきます。

 

image002

出典:http://4meee.com/articles/view/381087

 

基本的にはR-1乳酸菌ヨーグルトは

食後に接種するのが効果的な飲み方といえます。

なぜなら、食後にR-1乳酸菌ヨーグルトを接種すれば、

胃酸の働きを弱めるので乳酸菌の効果がよくなると言われています。

 

ですが、朝は腸の働きが弱まっている人も多いので、

朝に飲むのも効果的な飲み方と言えます。

私の場合、息子には朝一でR-1乳酸菌ヨーグルトを飲ませています。

 

息子は朝の目覚めがとても悪いので、

R-1乳酸菌ヨーグルトを飲ませて目を覚まさせつつエンジンをかけていますよ。

 

そして、うんちを我慢することも多いので、

朝の腸内を活発にさせるためにも、毎朝飲ませています。

 

便秘気味の人は就寝前にR-1乳酸菌ヨーグルトを飲んで白湯を飲むと

次の日に快便になるという結果もありますので、

自分の体と相談しながらその効果を試してみてくださいね

 

★R-1乳酸菌ヨーグルトの効果は何歳から?

 

R-1乳酸菌ヨーグルトはスーパーで簡単に手に入りますが、

その効果はいつから得ることができるのか疑問に思う人も多いですよね。

子供といっても実際に何歳からR-1乳酸菌ヨーグルトを

接種していいものかわからない人も多いです。

 

メーカーに問い合わせてみると

1歳から1歳半くらいから飲み始めることができると言われています。

ただし、1歳あたりというのは離乳食が完了期となり

まだまだ大人と同じような食事をすることができません。

 

R-1乳酸菌ヨーグルトは甘いので食事に影響が出てしまうことが考えられます。

なので、親が上げるタイミングを考えて食事の管理することができれば、

R-1乳酸菌ヨーグルトを接種していくことが可能だと言えます。

 

私の場合、息子の朝食のメニューは、

パン、R-1乳酸菌ヨーグルト、果物です。

幼稚園に登園するまでにエンジンをかけないといけないので、

ご飯をダラダラ食べられるよりは

手軽に栄養価があるもので朝は済ませるようにしています。

 

女子のような食事ですが、

ご飯を食べるよりは時間がかかりません。

野菜不足のように感じるときは、

ミニトマトやゆでたかぼちゃなどをプラスしてバランスを考えていますよ。

 

image003

出典:http://wolletlove.com/daiet/wp-content/uploads/2014/10/SnapCrab_NoName_2014-10-15_13-35-56_No-00.jpg

 

なので、子供の食事のバランスを考えながら

R-1乳酸菌ヨーグルトを上手に接種して風邪予防をしていきましょう

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

R-1乳酸菌ヨーグルトは全く風邪に効果がないわけではありませんが、

その子の体質によっても大きく結果が異なります。

 

飲み始めてからずっと風邪をひかない子もいれば、

飲み続けても毎月風邪をひく子もいるのです。

なので、自分の子供の体質によっても効果がわかってくるので

とりあえず数ヶ月続けてみて、

あとは風邪予防の基本を守っていきましょう。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ