妊娠後期に眠れない!夜眠るためにできることは?


 

妊娠生活もほぼ終わりに近づいた妊娠後期

あとは元気な赤ちゃんの誕生を待つのみ、

という新米ママですが、

この時期に眠れないという方は多いです。

 

 image001

出典:https://www.ac-illust.com/

 

赤ちゃんが生まれてからしばらくの間は

赤ちゃん中心の生活が始まりますから

自分の寝たい時間に眠ることができません。

 

赤ちゃんを生むときの、

そして産んでからの体力を養うために、

本当はしっかり寝ておきたいですよね。

 

妊娠後期に眠れなくなるのはなぜ

妊娠後期に妊婦さんが夜眠るためにできることは?

 

赤ちゃんを生むまで後一息、

という妊娠後期の妊婦さんが夜眠る方法について考えました

 

 

SPONSORED LINK

妊娠後期に眠れなくなるのはなぜ?

 

 image002

出典:https://www.ac-illust.com/

 

妊娠後期に眠れなくなる理由はいくつかあるのですが、

一つは母体の変化です。

臨月になるにつれて母体の女性ホルモン、

エストロゲンの分泌量は多くなっていきます。

 

エストロゲンには眠りを妨げる効果があることから、

眠りたくてもなかなか眠れない日が増えてきます。

 

次に考えられる理由は、

お腹が大きくなったこと、

そして大きな胎動です。

 

お腹が大きくなれば寝るときに楽な姿勢を取ることが難しいですし、

膀胱は圧迫されているためにせっかく眠れても何度もトイレに起きてしまいます。

 

また、赤ちゃんはお腹の中でかなり大きくなっていますから、

胎動も激しいです。

お腹の中で大きなケリを入れられると、痛い!と思うことも。

赤ちゃんが元気な証拠ですが、強い胎動はちょっとつらいです。

 

 

SPONSORED LINK

妊娠後期に妊婦さんが夜眠るためにできることは?

 

 image003

出典:https://www.ac-illust.com/

 

1. 適度に体を動かして自然に眠れるようにする

 

妊娠後期になりますと特にお腹が重たくて動くのも大変だ、

と家にいてほとんど動かないでいる方が多いです。

しかし、体を動かさないで家の中ばかりにいますと、

体は着かれることがありませんから眠たくなりませんし、

イライラがつのるばかりです。

 

そんなときは、体が気持ちよく疲れて眠たくなるぐらい体を動かしましょう

体を動かすと行っても日中の散歩や買物程度で十分です。

外に出ることは気分のリフレッシュにもなりますから、

暑くも寒くもなく、

ちょうど気持ちよく過ごせそうな時間を狙って外に出るようにしてください

 

2. 好きな音楽を聞いたり本を読んでリラックスする

 

体をリラックスさせないと眠ることはできませんから

自分でできるリラックス法を考えましょう。

目が覚めてしまってなかなか眠れないときには、

ゆったりした気分になれるようなヒーリングミュージックを聞いたり、

本を読む時間を持ってください

 

さらにリラックスするためには、

アロマオイルをたくのも効果的です。

グレープフルーツやレモン、レモングラスなど柑橘系の香りのアロマオイルは、

気分もすっきりリフレッシュできてリラックスもできますから効果的ですよ

 

テレビやスマホなどを見ていますとブルーライトで眠さが飛んでしまいますが、

本ならば問題ありません。

好きなことをしていれば人は心身ともにリラックスできます

 

リラックスできたところで横になれば、

自然と眠ることができます。

これまで忙しくてあまり本を読んでいないという方も、

ちょうど良い機会だと思ってを手に取りましょう

 

妊娠後期にもなったら、赤ちゃんに会えるまであと少しです。

かわいい赤ちゃんに会いたいと思う反面、

赤ちゃんとの新しい生活を考えると不安になってしまう時期ですが、

これから出産という大きな仕事が待っていますのでできるだけ眠ることは大切です。

 

無理に眠ろうとしても眠れませんしストレスがたまるだけですが、

横になるだけでも体を休めることができますから

眠れなかったとしても布団の上に横になってみてください

 

時期別の注意や寝やすい体勢、食べ物などその他の妊娠中不眠対策はこちら

↓↓↓

 

生まれてくる赤ちゃんとの楽しい生活を考えていれば、

リラックスして自然と眠りに誘われますよ

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ