妊娠中期に眠れない!夜眠るためにできることは?


 

妊娠初期の頃はつわりもありますし

妊娠したことに体が慣れていませんから体調がすぐれない方が多いのですが、

妊娠中期になったらつわりもおさまって体も落ち着いてきます。

 

 image001

出典:https://www.ac-illust.com/

 

そうなればもう安心!と思うかもしれませんが、

妊娠中期の妊婦さんを調べてみますと、

実は眠れないで苦しんでいる方が多いことがわかりました。

 

妊娠中期になって眠れなくなるのはなぜ

妊娠中期に妊婦さんが夜眠るためにできることは?

 

妊娠中期をうまく乗り切るために、

夜うまく眠る方法がないか考えました

 

 

SPONSORED LINK

妊娠中期になって眠れなくなるのはなぜ?

 

 image002

出典:https://www.ac-illust.com/

 

妊娠中期になりますと、

体は落ち着いているはずなのに眠っても直ぐに目が冷めてしまう方が多いです。

その理由の一つは本能によるものです。

妊娠してから週数が進めば、

段々と母体はお腹の赤ちゃんの睡眠のパターンに似ていきます。

 

お腹の赤ちゃんの眠りは浅く、

一日中眠ったかと思えば起きるという繰り返しなのですが、

同じように母体も深い眠りにつくことができなくなってきます

 

また妊娠をしますと体の状態は大きく変化します。

妊娠前と妊娠してからではホルモンの状態が異なります。

特に、出産が近づくに連れ増えてくる女性ホルモンのエストロゲンは、

不眠の作用があることから、なかなか眠れなくなる日が増えてきます。

 

また、お腹が大きくなると姿勢が苦しくなりますし、

だんだんトイレも近くなります。

これまでは夜中にトイレに起きることがなかった方も、

妊娠中期以降に鳴ると何度かトイレに起きてしまい、

ぐっすり眠ることができなくなります。

 

 

SPONSORED LINK

妊娠中期に妊婦さんが夜眠るためにできることは?

 

 image003

出典:https://www.ac-illust.com/

 

1.眠る前に温かい飲み物を飲んでリラックスする

 

眠れない、眠れないと思っていると体は緊張して余計に眠れなくなります。

リラックスして眠れる状態を作るためにおすすめのものは温かい飲み物です

 

温かい飲み物の中でも特におすすめしたいものはホットミルクです。

牛乳に含まれているトリプトファンは眠りを促す作用がありますから、

夜眠る前にいっぱいホットミルクを作って飲むのを日課にしましょう。

はちみつを入れると、甘さがプラスされて美味しいですよ

 

2.抱きまくらを利用する

 

妊娠中期になりますとだんだんとお腹が目立ってきます。

妊娠していない頃は、自分の寝やすい姿勢で自由に眠ることが出来ましたが、

お腹が大きくなってくるとそういうわけにはいきません。

 

いつもはうつ伏せで寝ていた方、

仰向けで寝ていた方などは

特にお腹が大きくなると今までと同じ姿勢がとれないために、

なかなか寝付けません

 

そんなときにおすすめしたいものが抱きまくらです。

抱きまくらを上手に利用すればお腹が大きくても楽な姿勢を取ることが出来ますから、

体もリラックスして眠ることができますよ

 

抱きまくらでなくても産後のことを考えて授乳枕でもよいですし、

大きめのクッションを利用するのも良いでしょう。

それらを利用してお腹が大きくても楽に寝ることが出来る姿勢を見つけてください

 

眠ることができないと、落ち着かないためにスマホをいじったり、

テレビを見てしまう方もいらっしゃるでしょう。

しかしスマホやテレビは交感神経を刺激してしまって

かえって眠れなくなるだけですから、

寝る少し前からは見ないようにしてください。

 

また、眠れないからといって、

明るい電気をつけているのもよくありません。

電気で部屋の中が明るければ、

体が昼だと認識してしまって寝ようという気にはしてくれません。

 

時期別の注意や寝やすい体勢、食べ物などその他の妊娠中不眠対策はこちら

↓↓↓

 

妊娠中期はつわりがおさまって体は楽になっている方が多いですが、

これからのことを考えて不安になることも多いです。

眠れないときはまずはリラックスからです

 

ホットミルクや抱きまくらを用意して、

眠るために最高の環境を用意しましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ