夏のお弁当は危険がたくさん!おすすめおかずレシピをご紹介part3


夏になるとお弁当に詰めるおかずがなくなる・・・

と悩んでいる方は多いですよね。

 

食中毒を恐れて生ものを入れることができませんし、

どのようなおかずなら喜んでもらえるか心配になることが多いです。

 

でも、ちょっとしたポイントを押さえることで

美味しいお弁当おかずを夏でも楽しむことができるため、

おすすめのレシピをご紹介します。

 

 

 

SPONSORED LINK

夏のお弁当は危険がたくさん!おすすめおかずレシピをご紹介part1

 

1

出典:https://www.o-uccino.jp/article/posts/50050

 

<準備するもの>

カレー粉 小さじ1/4

めんつゆ 少々

冷凍コーン 小さじ1

アスパラ 1本

 

<作り方>

1.アスパラを準備し斜めにカットして薄くしておきます。

2.フライパンの中に油を入れて熱してからアスパラを炒めていきます。

 

3.冷凍コーンを加えて、

カレー粉とめんつゆを加えて全体を混ぜたら完成です。

 

水分が出てしまいそうな野菜もカレー粉を使うことで、

おかずが傷むのを防ぐことができます。

 

アスパラやコーンと彩りがいいので、

お弁当にどんどん重宝したいですよね。

 

火を通すことで夏でもおかずに入れることができますから、

カレー粉を上手に使っておかずを詰めてみてくださいね。

 

 

 

SPONSORED LINK

夏のお弁当は危険がたくさん!おすすめおかずレシピをご紹介part2

 

2

出典:http://www.abc-cooking.co.jp/plus/recipe/detail/?id=1664

 

<準備するもの>

ささみ 2本

塩 少々

酒 大さじ1

白コショウ 少々

わさび 小さじ 1

しょうゆ 小さじ1/2

マヨネーズ 大さじ2

カイワレ 10g

白ごま 小さじ1

 

<作り方>

1.ささみは耐熱容器に入れてから、

塩と白コショウ、酒を振ってレンジでチンして加熱してください。

だいたい500wで2分ですが火が通るまで調整しましょう。

 

2.加熱したささみが冷めたら、

手でさいて食べやすい大きさにしておきます。

 

3.わさびマヨを作っていくので調味料をボウルで混ぜ合わせておきましょう。

4.ささみと和えたら完成です。

 

お弁当に詰めるならキュウリやかいわれなど

水分が出るものは省いても問題はありません。

 

マヨネーズはわさびが入っているため、

おかずを傷める心配がありませんし、

夏でもマヨ和えのおかずを楽しむことができますので、

ぜひ挑戦してみてください。

 

 

夏のお弁当は危険がたくさん!おすすめおかずレシピをご紹介part3

 

3

出典:https://oceans-nadia.com/user/10816/recipe/159190?utm_source=blog&utm_medium=banner&utm_term=recipe_card&utm_campaign=recipe_card_10816_159190

 

<準備するもの>

にんじん 1本

塩 少々

粒マスタード 小さじ1

はちみつ 大さじ1

こしょう 少々

酢 大さじ2

オリーブオイル 大さじ1

 

<作り方>

1.にんじんを千切りにしてからを振ってしんなりとさせておきましょう。

 

2.にんじんの水気を切ったら、

調味料を入れて混ぜ合わせます。

 

3.冷蔵庫で冷やして馴染ませたら完成です。

 

にんじんは生野菜ですが、

調味料にお酢が入っているので傷むのを防ぐことができます。

 

また、お弁当に詰めるときは汁気をカットし、

他のおかずに味がうつらないように

お弁当カップに入れるのがおすすめなので試してみてください。

 

夏でも安心なお弁当の食材選びや詰め方のコツはこちら

↓↓↓

 

まとめ

 

夏のお弁当おかずは、

ひと手間加えることで傷まないようにすることができます。

 

お酢やわさび、カレー粉など食材に合いそうな調味料を

どんどん使って美味しいお弁当おかずを作ってみてくださいね。

 

調味料を変えるだけで同じ食材でも味に飽きることがありませんので、

バリエーションを広げることができますので、

レッツチャレンジ!

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ