夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピまとめ


夏のお弁当おかずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

傷みやすい食材は避けたいけれど、

その代わりに何をいれればいいのか困っている方は多いはず。

 

そこで、夏のおべんとうおかずに

不向きなものおすすめの食材を踏まえて

レシピも一緒にご紹介していきますので、

こちらを参考に夏のお弁当を詰めてみてください。

 

 

 

SPONSORED LINK

夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part1

 

1

出典:https://www.kagome.co.jp/vegeday/yasai/cucumber/

 

夏のお弁当おかずで基本的に使ってはいけないものは生ものです。

 

そのため水分がたくさん出る生野菜や火を通さない加工食品。

そして調理済みの物でも汁気が出るものは

おかずが傷みやすいので注意が必要となります。

 

そのためこちらの記事を参考に

夏のお弁当に詰めてはいけない食材をチェックしておきましょう。

 

↓↓↓夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part1についてはこちら↓↓↓

 

 

 

SPONSORED LINK

夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part2

 

1

出典:https://item.rakuten.co.jp/colorfulbox/302201/

 

夏にお弁当を詰めたら便利グッズを使ってお弁当を守る必要があります。

これでお弁当が傷みませんし食中毒の予防になります。

 

便利バッグは保冷バッグや保冷剤、抗菌アイテムなど様々ありますので、

こちらの記事でチェックして夏のお弁当詰めに使ってみてくださいね。

 

↓↓↓夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part2についてはこちら↓↓↓

 

 

夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part3

 

1

出典:https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/f018a7de875472ac785564c78bd1ab42.html

 

夏におすすめのお弁当おかずは、

殺菌効果のある食材を使って詰めるのがおすすめです。

 

梅干しは殺菌効果が高くご飯に入れてもいいですし、

おかずと和えてもOK。

 

とても簡単なレシピが多く、

夏の食欲がない時でも美味しくお弁当を食べることができるため、

こちらのレシピを参考にして手作りしてみてください。

 

↓↓↓夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part3についてはこちら↓↓↓

 

 

夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part4

 

1

出典:https://www.sirogohan.com/recipe/myouganiku/

 

夏のお弁当に詰めるおかずは薬味を使うのがポイント。

そうすることで、おかずが暑さで傷むのを防ぐことができます。

 

薬味は色々な種類がありますので、

自分が好きなものを取り入れてみてください。

 

今回はみょうがを使っていますが、

シソや柚子胡椒など様々な薬味がありますので、

こちらの記事も参考にしながら挑戦してみてください。

 

↓↓↓夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part4についてはこちら↓↓↓

 

 

夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part5

 

1

出典:https://www.o-uccino.jp/article/posts/50050

 

夏のお弁当おかずに薬味を使うのがおすすめとご紹介してきましたが、

カレー粉お酢などの調味料をひと手間加えるだけで、

お弁当に詰めることができるおかずへと変身させることができます。

 

レシピが気になる方は、

こちらの記事をチェックしながら挑戦してみてください。

 

↓↓↓夏のお弁当を詰めるときの注意点やおすすめ食材を使ったレシピを公開part5についてはこちら↓↓↓

 

まとめ

 

夏のお弁当は気を付けることがたくさんありますが、

ポイントを守るだけで簡単に詰めることができるようになります。

 

また、おすすめのレシピを参考にすれば、

今まで知らなかった簡単レシピをどんどん活用することができるため、

取り入れてみてください。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ