子供のお手伝いはいいことだらけ!家事がめちゃくちゃ楽になった!


主婦って毎日、家事に育児にとやることがたくさんありますよね。

子供とのコミュニケーションの時間を確保するのもなかなか大変なもの!

 

でも、子供たちにお手伝いをさせると普段の家事がすごくになって

私のようなズボラ主婦になることが出来ますよ。

 

そこで、我が家がお手伝いをどのように実践しているのかご紹介します。

 

 

SPONSORED LINK

ズボラ主婦が子供たちにお願いしているお手伝いはこれ!

ズボラ主婦は、6歳の息子と3歳の娘がいます。

息子も3歳くらいから色々なお手伝いを始めた結果、

時間のない時は率先してお手伝いをしてくれ助けてくれます。

 

なので、今、子供たちができるようになったお手伝いは次の通りです。

 

洗濯物をたたんでタンスにしまう

 

1

洗濯物を全部たたんでもらいさらに自分の洋服はタンスにしまう習慣をつけた結果、

夫婦の洋服だけタンスにしまうだけ家事が楽になりました。

 

ズボラ主婦なので子供たちのたたみ方には文句をつけませんし、

タンスがぐちゃぐちゃでもあとでちょっと直すだけ。

 

皿洗い

 

3歳くらいのときは割れないお皿を洗ってもらっていました。

6歳の息子は今、全部洗ってくれます。

 

給食で使ったお箸おしぼりコップを洗う練習からさせると、

幼稚園に行く準備を自分でできるようになりました。

 

茶碗拭き

2

茶碗吹きも割れないお皿から練習させることで普通の食器もふけるようになりました。

そして、食器を元の場所に戻してもらうことも習慣化しましたので、

お皿がどこにあるかを把握できるようになり、旦那よりも即戦力になりました(笑)

 

箸やコップのセットなどもしてくれます。

 

簡単な料理

 

夕方は主婦の忙しい時間なので、料理をさせる余裕がない…

という人も多いかもしれませんが、簡単にできる調理をさせると家事が楽になります。

 

ズボラ主婦は、時間に余裕がある日はほとんど子供たちに材料を切ってもらったり、

炒めてもらったりと味付けくらいしかしなくてもよくなりました。

 

お米とぎ

 

何合お米を入れるのか、

そしてお米をきれいにするお手伝いが子供は喜ぶので

水の使い過ぎに気を付けながら楽しめるお手伝いです。

 

お小遣い制

ズボラ主婦は、子供たちにお手伝いをしたらお小遣いを上げる制度を導入しました。

息子は10円、娘は2円。

そうしたらお手伝いが習慣化し、娘は着実に毎日お小遣いをもらっています。

 

まとめてあげるより、毎回お財布にお金をチャリンといれるのが楽しいようです。

小銭を用意するのが大変な人は、100均のコインケースを活用すると便利ですよ。
↓↓

3

 

 

SPONSORED LINK

子供にお手伝いをさせることはたくさんのメリットがある!

子供は親の真似をして、色々なお手伝いをしたがりますよね。

このお手伝いは子供にも母親にもいいメリットがたくさんあります。

 

親子の時間が確保されコミュニケーションがとれる

お手伝いをさせて上手と褒めてあげることができ、

「ありがとう」という感謝の気持ちを素直に伝えることが出来るので、

いつも怒られっぱなしの子供も自信が持てるようになります。

 

 

子供の自立につながる

お手伝いがなれてくると身の回りのことができるようになり、

自立心が出てきます。

学校に行く準備などにもつながりました。

 

習慣化によって親が楽になる

家事のやり方などを始め教えるのは大変かもしれませんが、

習慣化すれば親が監視しなくても家事をこなせるようになるので、

親が楽になりました。

 

このように、年齢に合わせて家事を分担してお手伝いをしてもらうことができれば、

親も家事が楽になりますし、親子で楽しい時間を過ごすことが出来るようになります。

 

子供たちにお手伝いをしてもらうときの注意点!

子供たちがお手伝いをするときに、親は注意しなければいけないことがあります。

それは、次の通りです。

 

怒らない

子供がお手伝いを上手にできなくても怒ってはいけません。

できなくて当たり前なので、一緒にやるところから始めましょう。

親はサポートで!

 

褒める

子供が上手にできたときはちゃんと褒めましょう。

そうすることで、達成感満足感が生まれ、自信につながります。

 

強要しない

子供なのでお手伝いをしたいときもあれば、やりたくないときもあります。

習慣化するまで、子供のやる気と向き合いましょう。

 

【関連記事】

 

まとめ

いかがでしたか?
お手伝いは子供の成長にとてもいいことですし、

親も家事が楽になるので気分がのっているときは、絶対にお願いしたほうがいいですよ。

 

お手伝いが楽しかったと思えば必ず次につながりますし、

監視しなくて「もう、やっておいたよ!」っていう言葉が聞けるようになって、

主婦もができるので、実践してみてください。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ