男子におすすめのお弁当おかずレシピでボリューム満点にしてみよう!part2


毎日のお弁当のおかずを考えるのは主婦にとってとても大変です。

前日の残り物を入れるのもありですし、

できるだけ時短で準備しつつボリュームを出したいですよね。

 

そこで、お弁当おかずがマンネリにならないように、

男子学生人気のあるおかずをご紹介していきます。

 

作り方も難しくありませんし、

お弁当に入れれば絶対に喜ばれるおかずなので、

チェックしてみてください。

 

 

 

SPONSORED LINK

男子におすすめのお弁当おかずレシピでボリューム満点にしてみよう!part1

鶏の照り焼き

 

1

出典:https://folk-media.com/1620255

 

<準備するもの>

鶏もも肉

片栗粉

しょうゆ

お酒

みりん

砂糖

にんにく

しょうゆ

 

<作り方>

1.鶏もも肉はフォークで刺して柔らかくして置き、

塩コショウやお酒をふって片栗粉をまぶしておきましょう。

 

2.フライパンに油を敷かずに皮面を下にして焼いていきます。

 

3.両面を焼いたら余分な油をふき取ってから

調味料を入れて味付けをしたら完成です。

 

しょうゆ・お酒・みりんの調味料の分量を同じにして砂糖をプラスするだけで、

お肉以外にも色々な照り焼きを作ることができるためおすすめです。

 

素材を変えればバリエーションも増えますので、

お弁当おかずに困ることもありませんし、

男子学生の胃袋をがっつりとつかむことができます。

 

 

 

SPONSORED LINK

男子におすすめのお弁当おかずレシピでボリューム満点にしてみよう!part2

から揚げ

 

2

出典:https://woman.mynavi.jp/article/160623-45/2/

 

<準備するもの>

鶏もも肉 1枚

揚げ油

砂糖 大さじ1/2

酒 大さじ1/2

しょうゆ 大さじ1

チューブのショウガ 大さじ1/2

溶き卵 1/2

小麦粉 大さじ3

片栗粉 大さじ5

 

<作り方>

1.鶏もも肉を食べやすい大きさにカットしたら、

フォークでをあけておきましょう。

 

2.調味料を混ぜ合わせお肉を浸して30分以上つけておきます。

 

3.溶き卵にお肉を混ぜ合わせて、

片栗粉と小麦粉を混ぜたものにつけたら揚げ油で揚げてください。

 

4.から揚げに火が通ったら完成です。

 

お弁当おかずにから揚げが入っていると、

ボリュームもあり男子学生も喜びますよね。

 

前日の残りものであっても喜んでくれます。

から揚げを夕食に食べた時は、

お弁当用に残しておくと朝トースターで焼くだけでいいため

楽をすることができます。

 

一度にたくさん作っておくとお弁当おかずは準備が簡単になるので、

お弁当おかずの分まで考えて夕ご飯を作っておきましょう。

 

 

男子におすすめのお弁当おかずレシピでボリューム満点にしてみよう!part3

つくね

 

3

出典:https://erecipe.woman.excite.co.jp/detail/9c2c9eeb709260c8a8ebabc4ee3bdc88.html

 

<準備するもの>

鶏ひき肉

木綿豆腐

大葉

玉ねぎ

塩コショウ

片栗粉

砂糖

しょうゆ

みりん

砂糖

片栗粉

 

<作り方>

1.木綿豆腐は水気を切っておき、

玉ねぎはみじん切りにしてください。

 

2.ボウルの中に、鶏ひき肉・玉ねぎ・木綿豆腐を入れたら、

塩コショウ・片栗粉・砂糖を入れて混ぜていきます。

 

3.全体が混ざったら、

を整えて大葉で巻いていきます。

 

4.フライパンの中にサラダ油を敷いて、

火を通していき、両面を焼いたらしょうゆ・みりん・砂糖を入れて、

片栗粉でとろみをつけたら完成です。

 

お弁当おかずを節約するなら鶏ひき肉を使ったつくねがおすすめです。

お肉で味付けも濃いめなので

男子学生もご飯がすすむお弁当おかずを楽しむことができます。

 

作るのに時間がかかると思ったら、

時間のある時に作り置きをして自家製冷凍食品を作っておくのも

おすすめなので、調整してみてください。

 

男子が喜んで食べるおかずのレパートリーを一気に増やすならこちら!

↓↓↓

 

まとめ

 

男子学生もお昼はお腹がペコペコなので、

お肉をがっつりと食べたいと思っている子が多いですよね。

 

そこで、お弁当を喜んでもらうためにも、

ボリュームのある満足のいくおかずをぜひ入れて、

学校を毎日頑張ってもらいましょう。


 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ