母乳育児の悩み!!卒乳はいつがいいの?


 

母乳育児をしている人の悩みで多いのは、

いつまで母乳育児をすればいいのかな?というものです。

卒乳という言葉は聞くけれど

我が子はいつになったらできるのかな?と疑問を持ちます。

 

母乳育児というのは子供によって異なりますので、

今回は母乳育児で卒乳のタイミングについてご紹介します。

 

これを参考に自分の子供のパターンを見極めて卒乳を頑張りましょう

 

 

SPONSORED LINK

★卒乳のタイミングは実は決まっていない?

 

image001

出典:https://mamanoko.jp/articles/4277

 

1歳を目処に卒乳をする人は多いと言われていますが

実は卒乳のタイミングは子供によって異なります。

そのため、卒乳のタイミングは実は決まっていないのが現状です。

 

母乳育児をしていると卒乳のタイミングがわからないという母親も多いです。

しかし、個人差があるため特にこだわる必要はないと言われています。

 

つまり、

赤ちゃんの離乳食の進み具合をみながら卒乳のタイミングを決めていいのです。

 

 

SPONSORED LINK

★母乳にはメリットがたくさんある!!

 

母乳育児をしている赤ちゃんにはメリットがたくさんあります。

もちろん、お腹は満たされることが一番といえますが、

同時に心も満たされているのです

 

よって、

甘えん坊を心配する人も多いですが

実は母乳育児は強い自立心を育てることができると言われています

 

そのため、

体の栄養の他に心にも浸透して

とても優しい子供に育てることができるといわれているのです。

 

だからといってミルクで育った子が

優しい子供に育たないというわけではありませんので、

心配しないでくださいね

 

★断乳という言葉は母子手帳から削除されている!?

 

昔は厚生省が9ヶ月から1歳にかけて断乳を進めてきました。

しかし、現在では母子手帳から断乳という言葉は削除されており、

母乳は子供の体の成長とともに

心も健やかに成長させることができる栄養素だという意味を込めて

重要視していることから削除されているのです。

 

よって、

子供がいらないというまで母乳は与え続けていいと言われています

 

★でも、一般的にはいつ頃に卒乳しているもの?

 

断乳という言葉は削除されていても一般的にいつ頃、

赤ちゃんは卒乳するものかと母親なら気になる人が多いです。

自然卒乳がベストですが、

色々と母親には事情がありますので母親の都合で卒乳する子も少なくはありません。

 

卒乳をする赤ちゃんは色々なきっかけがあります。

そのため、

母親が止めようと感じたらそれが止める時期であるとも言えるのです。

 

image002

出典:https://mamanoko.jp/articles/3798

 

★卒乳をするときの注意点

 

卒乳というのは母親も子供も試練の時と言えます。

そのため、無理に卒乳を早める必要はありません。

よって、子供の気持ちを大切にすることが一番であると言えるのです。

もし、卒乳をする場合、

2週間目から子どもに対して

そろそろおっぱいをやめることを伝えていくことがおすすめといえます。

 

1歳を過ぎているのであれば母親がいうことはわかってきているので、

言葉にして伝えることが大切なのです。

どうしても卒乳は母親の都合を優先にしてしまいがちなので、

きちんと子供と向き合うことが大切であるといえるのです。

 

image003

出典:https://akachanikuji.com/jinyuninshin

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

今まで卒乳について悩んでいた人も実は、

急がなくてもいいということがわかれば少し安心したところもあるでしょう。

 

子供はいずれ母乳をいらないと自分から伝えてきます。

よって、欲しいといううちはあげても問題はありませんよ

 

ただし、

母親にとって母乳を上げることは負担が大きいですから、

生活リズムを見直して子供に負担をかけないように工夫するのも一つの方法です。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ