100均のカードケースで簡単にランドセルカバーが手作りできる!


ランドセルカバーは100均で簡単に手作りすることが可能です。

テーブルクロスで作る方法もありますが、

実は軟質カードケースを使っても簡単に手作りすることができますよ。

 

ちょっとアレンジしてあげることで、

市販のランドセルカバーよりもおしゃれにすることができます。

 

そこで、今回は100均の材料で手作りできる

ランドセルカバーの作り方とデザインをまとめてみました。

 

 

 

SPONSORED LINK

100均のカードケースで簡単にランドセルカバーが手作りできる!

 

1

出典:https://39.benesse.ne.jp/blog/2222/archive/29

 

<準備するもの>

100均軟質カードケース

バイアステープ

はさみ

お好みでリボンなど

ミシン

 

<作り方>

1.100均の軟質カードケースを

ランドセルの大きさに合わせてカットしていきます。

必要な材料を準備しましょう。

11

 

2.今回はランドセルが46cm×28cmを想定して、

A生地48cm×30cm1枚とB生地12cm×30cmを1枚用意します。

また、ゴムは幅4cm×28cmを1つをミシンで縫っていきます。

 

まずは寸法に合わせて軟質カードケースをカットして、

写真を参考に端はカーブをつけておきましょう。

 

12

出典:https://192abc.com/29924

 

3.AとBそれぞれにミシンをかけてから、

写真のように生地を重ねて点線のところをミシンで縫い合わせてから

表に返してください。

13

 

4.中央部分にゴムを縫い付けて、

A生地のところにキリなどでをあけたところに

ゴムが通るようにして必要なところを整えます。

14

 

5.デコレーションしたい人はリボンなどお好みのところに

縫い付けてくださいね。

 

15

出典:https://39.benesse.ne.jp/blog/2222/archive/29

 

いかがでしたか?

100均の軟質カードケースを使っても

ランドセルカバーを簡単に手作りしてあげることが出来ます。

 

透明なのでアレンジもしやすいですし、

男の子・女の子両方に手作りしてあげることが出来ますよ。

 

材料費もお安いので、すぐに壊れても市販を購入するよりはお得です。

 

 

 

SPONSORED LINK

簡単に手作りできるランドセルカバーデザインpart1

 

2

出典:http://buyee.jp/item/yahoo/auction/k303586128

 

100均の軟質カードケースは透明でシンプルなので、

もちろんランドセルカバーもシンプル。

 

男の子ならラインなどを入れてあげることで、

ちょっとカッコよくしてあげることができますよ!

手作りの基本は変わりませんので、あとはお好みでアレンジするだけです。

 

 

簡単に手作りできるランドセルカバーデザインpart2

 

3

出典:https://tetote-market.jp/creator/morninglily/ze2165810492/

 

100均の軟質カードケースを使ってランドセルカバーを手作りするなら、

バイアステープなどのカラーをこだわるのがおすすめ!

 

ラインを強調させることができるので、

子供の好きなカラーを使ってランドセルをおしゃれ

デコレーションさせることが出来ますよ。

 

100均では色々なカラーのバイアステープが販売していますし、

お好みのものがなければ手作りすればより

可愛いランドセルカバーを手作りしてあげることが出来ます。

 

 

簡単に手作りできるランドセルカバーデザインpart3

 

4

出典:https://feature.cozre.jp/70421

 

とてもシンプルなランドセルカバーです。

これも100均の軟質カードケースで手作りすることができます。

デザインに飽きも来ませんし、長く使うことが出来ます。

 

年齢が上がってくるとデコレーションし過ぎても子供が嫌がりますので、

相談しながら手作りしてみてください。

 

雨よけ・汚れ防止に!ランドセルカバーの意外な材料をもっと知るならこちら

↓↓↓

 

まとめ

 

100均の軟質カードケースがランドセルカバーになるとは、

意外だったのではないでしょうか?

 

透明なのでデコレーションも楽しめますし、

バイアステープの使い方によっても雰囲気が変わってきます。

 

これなら雨からランドセルをしっかりと守ってくれますし、

ランドセルを大切に使うことが出来ます。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ