ママ友いじめにあわないために!事前にできる対策とは?


 

近年ママ友のいじめが急増してきています。

ママ友にいじめられないようにするために

どうしたらいいのかな?と悩む人も多いです。

 

ママ友はやめたくてもやめることができないものなので、

普段からいじめを未然に防ぐことが必要となります。

 

そこで、

今回はママ友のいじめを未然に防ぐ方法をご紹介します。

 

 

SPONSORED LINK

★ママ友いじめが増えてきている!!

 

image001

出典:http://girlstopics.com/thread/1686/

 

いじめは子供たちの問題だけではなく、

ママ友の間でもいじめが増えてきています。

このママ友のいじめがママだけであればいいのですが、

いつの間にか子供にも飛び火する可能性が高くなってしまいます。

 

アンケート調査などでも

100人中16人がママ友いじめをうけたことがあると回答しています。

なので、もしかしたら明日はあなたの番がくるかもしれません。

 

 

SPONSORED LINK

★ママ友のいじめの主な原因って何?

 

ママ友のいじめになる原因は色々な内容があります。

 

1つは家庭環境の違いです。

夫が高収入であったり、

住んでいる家が大きかったり、

子供の学校のレベルや習い事です。

 

このような環境の人が人を見下したりするといじめの対象となります。

 

また、

このような家庭環境で過ごせない人がひがみとして、

あらさがしを始めたりすることもあるのです。

 

2つめの原因は、

ママ友同士の誘いを断るということです。

買い物やランチの誘いを断ることで、

険悪な関係になってしまうパターンが多いのです。

 

このようなことから子どもも遊ばないように言われたりして

避けられるようになってしまいます。

 

3つめはインターネット媒体によるいじめもあります。

インターネットを使ったトラブルも近年増えてきており、

すぐに返信してもらえなかったことに対して

いじめが始めることもあるのです。

 

なので、

SNSなどでつながりを持つことはよいのですが、

無視することはできない環境になっているのです。

 

image002

出典:http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-3470634/

 

★ママ友のいじめはどうやって未然に防ぐことができるの?

 

ママ友のいじめは嫌ですよね。

なので、未然に防ぐことが大切なので、

ママ友のいじめにあわない方法をご紹介します。

 

○明るく元気にあいさつを心がける

→明るい笑顔で元気よくあいさつをすることで

相手に不快な思いをさせないで済みます。

なので、

ママ友に合ったら自分から率先して挨拶をするようにしてください。

 

○他人の悪口は絶対に言わない

→数人のママ友グループと仲良くしていると色々な人の悪口を言う機会も出てきます。

また、誰かが悪口を始めることもあり、

その悪口に対して加担することは絶対にやめましょう。

陰口はママ友のいじめにつながりますので、

話題を変えて話すようにしましょう。

image003

出典:http://3.bp.blogspot.com/

 

○深い入りしてはいけない

→人間関係を上手に構築するためにも、相手との距離感がとても大切になります。

そのため、相手に深入りしてはいけません。

なので、少しでもおかしいと感じたら距離を保つように心がけましょう。

image004

出典:http://moomii.jp/kosodate/mamatomo-trouble.html

 

○ママ友に固執しない

→ママ友同士でトラブルやいじめに発展しそうなときは

他に目を向けて別のことを考えましょう。

ママ友に固執してしまうといじめに加わることになってしまいます。

 

★ママ友に縛られていてはダメ!

 

ママ友はずっとママ友でいるわけではありません。

よっぽど親しい仲にならない限りは、

子供が進学をしていくうちに疎遠になっていきます。

 

なので、

ママ友の関係も子供の成長にあわせて変わっていくものなのです。

 

なので、

ママ友に縛られるのではなく一定の距離感を持って

臨機応変に対応していきましょう。

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

ママ友のいじめは本当に怖いですよね。

大人がいじめをするのはどうかと思いますが、

ママ友のいじめにあわないためにも未然に防げるものは行っておきましょう。

 

子供の成長に合わせてママ友はどんどん変わっていきます。

辛いこともあるかもしれませんがずっとあるわけではありませんので、

ママ友に縛られずに子供のことを第一に考えて過ごしていきましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ