夏風邪で長引く咳の治し方は?どんな薬が効果的?


夏風邪は冬の風邪よりも症状が長引くと言われていますが、
いつまでも治らなくて悩まされる症状といえばです。

夏風邪を早く治すためにはゆっくり休むことが必要なのですが、
咳が出ていると辛くて横になっていることもできず、
休むことができないためになかなか治りません。

咳の症状がおさまれば眠ることができるようになりますし、
夏風邪も治って元気になります。

夏風邪の咳をおさめる治し方は?
夏風邪の咳を止めるためにはどんな薬が効果的?

早く元気になるために、夏風邪の咳の治し方について調べました。

 

 

SPONSORED LINK

夏風邪の咳をおさめる治し方は?

1.発酵食品で夏風邪の自然治癒力を高める

出典:https://www.photo-ac.com/

夏風邪の症状を和らげるためには、

夏風邪を引き起こしているウイルスに
体が勝たなくてはいけませんから、
栄養価の高い食事を取ることが必要です。

しかし、夏風邪で咳が出ている時は食欲も無い方が多いです。
そんなときにおすすめのものが発酵食品です。

ヨーグルトやキムチなどの発酵食品は
腸の状態を整える力がありますから、
食欲が湧いてきて食べることができるようになります。

咳が出て喉が痛い時にキムチを食べると
喉がピリピリしてしまって余計に辛くなりますが、

ヨーグルトにはちみつを入れて食べると、喉も気持ち良いですし、
お腹の調子も良くなりますから、咳も次第におさまります。

 

2.枕を高くして横向きに眠るようにして咳を出にくくする

出典:https://www.photo-ac.com/

夜はぐっすり眠らないと夏風邪は長引くだけなのに、
咳がひどく出ている時は夜眠ろうとして布団に入ると、
咳がさらにひどくなってつらい思いをします。

布団の上に横になった時、仰向けでは
喉に鼻水が落ちてたまってしまうため、咳がひどくなります。

咳をおさえるためには、枕を高くして
頭を高くすることで鼻水が流れやすいようにしましょう。

仰向けよりも横向きで寝たほうが、
鼻水は流れるため咳も出にくくなります。

 

3.温かい飲み物で喉を潤わせて咳を押さえる

夏の時期は気温も高いですし、
夏風邪で熱が出ている時は冷たい飲み物が飲みたくなります。

たしかに冷たい飲み物を飲むと
涼しく感じられて気持ち良いのですが、

咳がひどい時の冷たい飲み物は
喉に刺激が強すぎますのでおすすめは温かい飲み物です。

生姜湯などは喉を潤すだけでなく体全体を温めて
早く夏風邪を治すことができますからおすすめです。

 

 

SPONSORED LINK

夏風邪の咳を止めるためにはどんな薬が効果的?

出典:https://www.photo-ac.com/

風邪を引いているのだから風邪薬を飲めばいいの?
それとも咳止めがいい?と悩みますが、
効果的なのは、咳止め用のシロップです。

咳止めシロップは液体ですから喉を潤すこともできますし、
風邪の全般的な症状を和らげる風邪薬よりも、
咳止めに特化している分だけ咳止めの効果は高いです。

咳止めで咳を止めることができれば、
夜もぐっすり眠れるようになって夏風邪も早く治ります。

ただし、咳止め用シロップは喘息の方には効きません。

喘息を持っている方が夏風邪を引いた場合は、
薬を飲みたければ医師に相談してください。

ひどい咳が毎日で続けていると、気力も体力も奪われてしまいます。

夜になって寝ようと思って横になると
咳の症状はさらにひどくなりますから、
休んでいることもできずに苦しむ方は多いです。

いつになったら咳が治るの?とイライラしてしまいますが、

寝る時は姿勢に気をつけて頭を高くして横向きで寝ること、
そして冷たいものではなく温かいものを飲むようにすること、

そして元気になるために、食べられそうであれば
はちみつヨーグルトを積極的に食べましょう。

夏カゼの特徴と注意点を一覧で紹介!冬風邪との違いを知って正しく対処しよう
↓↓↓

夏風邪は長引きますので咳も長く続いてしまうのですが、
体に元気が戻ってウイルスに勝つことができれば、徐々にもおさまってきます。

焦らずに寝るときの姿勢など、
すぐできるところから対策を始めてください。

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ