妊娠中の食事って気を付けなければいけないことってあるの?


 

妊娠するといつもの食事はより気を遣うことが増えますよね。

何を食べても大丈夫か何を食べないといけないか色々と悩みが増えるものです。

 

お腹の赤ちゃんのために色々な栄養をバランスよく摂取したいと思うママのために、

今回は妊娠中に避けるべき食べ物についてご紹介します。

 

なので、

これを参考にマタニティライフを過ごしてみてくださいね

 

 

SPONSORED LINK

★妊娠中の食事ってそんなに気を付けないといけないものなの?

 

image001

出典:http://sako-favorite.seesaa.net/article/144970291.html

 

妊娠したことによって、

女性の体というのはいつも以上にデリケートになります。

つわりで食べ物をつけ付けない人もいれば、

食べつわりで食欲が旺盛の場合もあるので、

いつもと違うことがたくさんあります。

 

さらに、

体重管理をきちんと行わないと赤ちゃんに危険を及ぼしてしまうのです。

 

BMIが標準の人であれば、

7キロから10キロ程度、

体重が増加してもよいのですが、

7キロ未満というのは、

低出生体重児となってしまうリスクが高いのでいけません。

 

また、太りすぎることも陣痛が弱かったり難産になりやすくなってしまい、

妊娠中毒症や妊娠糖尿病になりやすいのです。

なので、妊娠したら食事は気を付けないといけないことが多いのです。

 

 

SPONSORED LINK

★じゃあ、妊娠中に食べちゃいけないものってあるの?

 

初めての妊娠となると様々な情報収集を行い、

敏感になりやすい人も多いですが、

基本的に妊娠中に食べた方がよい食材や避けた方がよい食材というものは、

栄養素の面から見ると特にないといえます。

 

そのため、情報に惑わされることで、

偏った食事をすることが一番良くない結果を招くといえるのです。

 

なので、

食事はバランスよく

たくさんの量を食べすぎないということに注意すれば大丈夫なのです

 

★バランスのよい食事って?

 

妊娠をしたらバランスのよい食事をとることがとても大切です。

なので、質や量をバランスよく考えて摂取することで、

産後は体の回復力も早くなりますし、

母乳の出もよくなるという傾向があります

 

なので、妊婦食といわれる特別な食事は特にありませんので、

1日3回の食事に様々な食材をバランスよく薄味で食べることが大切です。

そして、鉄分とカルシウムはたくさん摂取するようにしましょう

 

★妊婦ができるだけ避けるべきものってあるの?

 

○生もの

 

→妊婦が食事で避けなければいけないものとしては、

生ものを食べないということです。

これは、お腹の中にいる赤ちゃんに影響が出ることがあるので注意することが必要です。

 

また、妊娠中は免疫力が普段よりも低下していることから、

感染症にかかりやすいということもありますので、

生ものの摂取は控えるようにしてください。

 

○大型の魚を食べすぎないように

 

→大きな魚いわゆるまぐろなどには、

水銀の影響をうけるリスクが高いと言えます。

 

特にメチル水銀というのは胎児の中枢神経の発達に影響を及ぼすといわれているため、

全く食べてはいけないというわけではありませんが、

食べるときは量や回数に注意しましょう。

マグロ類は週に1回以内にすることをおすすめします。

 

○ひじきも食べすぎないように

 

→鉄分を摂取するに当たりひじきを食べたりする人も多いですが、

ひじきには無機ヒ素が含まれているので

毎日のように食べ続けることによって慢性ヒ素中毒となります。

 

とはいえ、1日当たり4.7g以上(体重が50kgの人)を連続して食べたりしなければ、

規定を超えることはありませんので、

全く食べてはいけないというわけではなく、

食べる量と回数が重要となるのです。

 

○大豆食品の摂取しすぎに注意

 

大豆食品は良質タンパク質なので、

赤ちゃんの発達にとてもよい食材となりますが、

これを過剰に摂取しすぎることによって、

ホルモンバランスが崩れてしまう恐れがあります。

 

そのことで胃腸の調子が悪くなったり、

子宮内膜増殖症というリスクもでてきますので、

何事もほどほどが一番なのです。

 

★おまけ

 

妊娠すると足がつりやすくなる人が多いですが、

これはカルシウム不足と言われています。

赤ちゃんがママのカルシウムをどんどんもらっている状態のため、

足がつるということはママがカルシウム不足ということです。

 

なので、私の対処法となりますが・・・

 

葉酸+鉄分+カルシウム入りの牛乳1杯と

カルシウム入りの飲むヨーグルトと食事で魚を摂取したところ、

足がつるということがなくなりました!!

なので、足がつるという人はぜひ試してみてくださいね

image002

出典:http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB-%E3%83%A9%E3%83%96-%E7%89%9B%E4%B9%B3-1000ml-12%E6%9C%AC/dp/B00ECRETBS

image003

出典:http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2013/detail/20130911_01.html

 

★まとめ

 

赤ちゃんを大きく育てるために、

ママは食事に気を付けることが多いですが、

基本的にはバランスのよい食事を心がけるとよいわけです

 

過剰な摂取は食事が偏る原因ともなりますので、

なんでも量はほどほどに色々な食材を取り入れるようにしましょう

 

また、葉酸、鉄分、カルシウムは食事でとり切れない場合、

サプリメントやタブレットがありますので、

上手に利用してくださいね

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ