ハロウィンに向けて赤ちゃんのために可愛い離乳食を手作りしてみよう!


 

赤ちゃんと一緒のハロウィンを迎えるママも多いですよね。

赤ちゃんのために色々と手作りを楽しんでいる人も多いので、

ぜひハロウィンは離乳食をハロウィンご飯にしてみませんか?

簡単に手作りできるハロウィンレシピがいっぱいありますよ

 

離乳食を作るのが初めてのママでも安心して作れるように、

月齢にあった離乳食の特徴も一緒にご紹介します

 

 

SPONSORED LINK

ハロウィンに向けて赤ちゃんのために可愛い離乳食を手作りしてみよう!

 

離乳食初期の赤ちゃん向け:ハロウィンご飯を簡単に手作り!

 

image001

出典:http://community.wakodo.co.jp/

 

離乳食初期の赤ちゃんは、

まだまだ食べられる食材が限られています。

でも、ハロウィンで使われるかぼちゃ

赤ちゃんの離乳食にぴったりの食材です

 

なので、

ハロウィン向けにかぼちゃを取り入れた離乳食を

赤ちゃんに手作りしてみましょう

 

<生後5、6か月離乳食初期の特徴>

食事:1日1回

分量:10倍がゆを小さじ1からスタート

   野菜は柔らかくゆでてすりつぶして、ゆで汁で伸ばす

タンパク質:お肉・卵・乳製品はお休み、豆腐はすりつぶしてお湯で伸ばすのはOK

 

離乳食初期のハロウィンメニューの作り方について、詳しくはこちら

↓↓↓

 

 

SPONSORED LINK

離乳食中期の赤ちゃん向け:ハロウィンご飯を簡単に手作り!

 

image002

出典:http://mamari.jp/11679

 

生後7、8か月の赤ちゃんであれば、

少し食べられる食材が増えてきます。

色々な味を楽しみつつ、

舌触りも楽しめる時期なので、

ハロウィンご飯もレパートリーが増えてきます

 

食べる量も増えてきますので、

プレートご飯を手作りするのがおすすめですよ。

栄養バランスを考えて、

赤ちゃんのためにハロウィンご飯をぜひ手作りしてみてください

 

<生後7、8か月離乳食初期の特徴>

食事:1日2回

分量:7倍がゆ50g~5倍がゆ80g(大さじ3~大さじ5)

   野菜は柔らかく茹でてみじん切りにして、舌でつぶせるかたさ

タンパク質:お魚は10gから15gで、ゆでたら細かくほぐす

      お肉10gから15gで、ゆでてすりつぶす

      豆腐30gから40gで、粗みじん切り

      卵は卵黄1個から全卵1/3個

      乳製品は50gから70g(大さじ3~4)

 

*タンパク質はどれか1種類を取り入れます。

 

離乳食中期のハロウィンメニューの作り方について、詳しくはこちら

↓↓↓

 

離乳食後期の赤ちゃん向け:ハロウィンご飯を簡単に手作り!

 

image003

出典:http://mamari.jp/11679

 

離乳食後期を迎えた赤ちゃんは、

大人と同じように1日3回の食事を楽しむことができます。

なので、晩御飯にハロウィンご飯を手作りして

家族で一緒に楽しむことができますよ

 

大人のメニューを取り分けすることもできるので、

ぜひ赤ちゃんのためにハロウィンご飯を手作りして楽しんでみてください

 

<生後9~11か月離乳食初期の特徴>

食事:1日3回

分量:5倍がゆ90gから軟飯80g

   野菜30gから40gで、柔らかく茹でてから角切り(バナナくらいの硬さ)

タンパク質:お魚は15g(お刺身2切れ分くらい)

      お肉は15gで、ゆでたら細かく切る

      豆腐は45gで7mmくらいの角切り

      卵は全卵1/2個

      乳製品は80g(大さじ5)

 

離乳食後期のハロウィンメニューの作り方について、詳しくはこちら

↓↓↓

 

離乳食完了期の赤ちゃん向け:ハロウィンご飯を簡単に手作り!

 

image004

出典:http://www.imgrum.net/media/1107650949148814927_654827282

 

離乳食完了期は赤ちゃんが手掴みを楽しむ時期でもあります。

また、スプーンやフォークなども使い始める時期ですよね。

なので、ハロウィンに子供が自由にご飯を楽しめるプレート

手作りしてみるのがおすすめです

 

味付けを少し変えれば大人も楽しめるので、

赤ちゃんと一緒のメニューにすることもできますよ。

ぜひ、ハロウィンに向けて手作りしてみてください

 

<生後12~18か月離乳食初期の特徴>

食事:1日3回

分量:軟飯90gからごはん80g

   野菜40gから50gで大人よりも少し柔らかめ

タンパク質:お魚は15gから20g(お刺身2切れから3切れ)

      お肉は15gから20gで、ゆでて食べやすい大きさにカット

      豆腐は50gから55gで、ゆでたら1.5cmの角切り

      卵は全卵1/2個から2/3個

      乳製品は100g(大さじ6)

 

離乳食完了期のハロウィンメニューの作り方について、詳しくはこちら

↓↓↓

 

まとめ

 

赤ちゃんの離乳食は作るのが大変ですが、

月齢が上がれば上がるほど手作りしやすくなります。

なので、せっかくハロウィンが来るのであれば、

大人も赤ちゃんも楽しめるご飯を手作りしてみましょう

 

市販のベビーフードと組み合わせても

簡単にハロウィンご飯を手作りすることができるので、

お好みで調整してみてくださいね

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ