子育てと除菌の関係について


 

子供を育てていると

ついつい除菌という言葉を重要視してしまう傾向があります。

 

確かに風邪やウイルス感染を防ぎ、

子供を守る上で除菌は必要なものもあります。

ですが、過剰に除菌をし過ぎることは子供にとってよいわけではありません。

 

そこで、どこまでが必要な除菌や殺菌なのかについてご紹介します。

これを参考にあまり過剰に除菌にし過ぎないようにしましょう

 

 

SPONSORED LINK

★除菌ブームって日本だけなの?

 

image001

出典:http://blog.goo.ne.jp/konifree1/e/c0279ba8f2acdb76d9a7876eb220be94

 

近年、除菌に関する商品がたくさんあります。

これらを普段から肌身離さず持っている人も多いですよね。

 

日本は除菌グッズが豊富にあり、

世界でもトップを誇っています。

日本人の性格上、

除菌に対して人一倍気を遣って生活をしているといえます。

 

そのことから子供に対しても常に除菌を徹底しているのを見受けることが多いです。

子供が病気にならないように、

重症化しないように気を遣うママはとても多いです。

 

 

SPONSORED LINK

★除菌に対してママ達は過剰になりすぎている!

 

風邪やウイルス感染のことを考えると

子供の手洗いやうがいに力を入れるママ達が多いです。

そこで、抗菌ジェルを使ったり、

スプレーやウェットティッシュなど必要以上に使っているケースがあります。

 

特に初めての子供となれば、

大切に育てたい一心から神経質になりがちです。

そのため、ママ達が逆に疲れてしまっていることもあります。

 

ですが、除菌ティッシュや除菌ソープを使用し続けることで、

皮膚常在菌までもなくしてしまうため、

自分の免疫力を使って菌をやっつける力が低下してしまうのです。

なので、除菌商品で手をきれいに過ぎることはよくないといえます。

 

★除菌の落とし穴って?

 

子供に常に手洗いを徹底しているママは多いです。

手洗いの効果というのは非常に限定的と考えられていて、

手を洗いすぎてしまうと手が荒れてしまいささくれができやすくなってしまいます。

 

そうしてできた皮膚の小さな傷に細菌が入り込んでしまうと、

手を洗っていても多くの菌が生きているので、

食中毒や細菌感染症の感染源となってしまうのです。

 

近年、日本人は抵抗力が弱くなってきていると言われています。

これは、ばい菌や回虫と付き合わなくなってきたからと言われているのです。

 

小さいころから過保護に除菌ばかりしてしまうと、

菌に対する免疫がないため、

抵抗力の弱い子供になってしまいます。

 

大人になってからも、

敏感肌やアレルギー体質になりやすくなってしまうと言われています。

そのため、

除菌が必ずしもいいことばかりというわけではないと言えます。

 

★除菌はそんなに免疫力を低下させてしまうものなの?

 

人間の口や鼻、胃、腸、皮膚には無数の常在菌がいます。

この常在菌は、それぞれの役割を果たしていて、

病原菌の侵入を防ぎ免疫バランスを保っているのです。

 

そうして必要な栄養素を作り出しています。

過剰に除菌や抗菌をすると、

必要な菌までも殺してしまいます。

 

除菌で悪玉菌、善玉菌も死滅してしまうと、

悪玉菌が何かの要因で多く発生してしまったときに、

残った善玉菌が働いていても追いつかないということになります。

よって、風邪のウイルスと戦う力が弱くなり、

結果的に体の弱い子供になってしまいます。

 

image002

出典:http://healthpress.jp/2015/04/post-1674.html

 

★じゃあ、どこまで除菌していいものなの?

 

清潔な環境で子供を育てることは悪いことではありません。

埃やゴミが多いことで、

ハウスダストになりやすくなってしまいますからね。

 

また、

子供のためを思って清潔にしていることはとても素晴らしいことで、

当然の配慮とも言えます。

 

ですが、

過剰になりすぎることはありません。

子供に適している湿度や温度に気を下りながら、

環境を整えてあげるようにしましょう。

 

また、

子供が思いっきり外で遊ぶ時に

ちょっとくらい汚れてもいいと思うようにしましょう。

 

そして、

ご飯やおやつを食べるときに

手洗いをするようにメリハリをつけるといいのです

 

★まとめ

 

子供の風邪やウイルス感染を考えると

どうしても除菌に力を入れてしまいますよね。

子供のことを思っているので当然ですが、

何でもやりすぎはよくないということですね。

 

子供というものは、

いくら親がきれいにしたいと思ってもなかなかそうはいかないものです。

 

特に男の子は、

外でドロんこ遊びをして、

ドロドロになって帰ってくることも多いでしょう。

 

それを一からすべて綺麗にしていたら

親も子もストレスを感じてしまいますよ。

 

なので、傷を作った時はその周りを清潔に保つとか、

あとご飯を食べるときや外から帰ってきたら手洗いをするなどの

ポイントだけ押さえておいて、

後はそこまで徹底しなくても大丈夫!と、

おおらかに構えていましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ