子供と一緒のお風呂あるあるをちょっとしたことで予防する方法とは?


 

子供と一緒にお風呂に入ると

自分のことよりも子供を早く洗ってあげようという一心で、

自分がどこまで洗ったのか忘れてしまうことってよくありませんか?

 

私もよく、シャンプーは終わった?

洗顔はしたかな?

子供に気を取られて忘れてしまうことがよくあります。

 

そこで、

今回は入浴中に二度洗いをしなくてもいいように

防止するコツをご紹介します

これで二度洗いをしないで早くお風呂を出ることができますね

 

 

SPONSORED LINK

★お風呂でよく髪を洗ったか忘れてしまう・・・

 

image001

出典:http://josei-bigaku.jp/beauty/shampoochigai65734/

 

忙しいママ達は子供たちに気を取られていると自分の髪を洗ったのか、

身体は洗ったのか忘れてしまうことってよくありますよね。

でも、これは忙しいママにだけいえることではありません。

 

少し考えごとをしてボーっとしていると

どこまで洗ったのか忘れてしまう人も少なくはありません。

なので、これは皆さんにも実際に起こる「あるある」と言えます。

 

でも、どうやったら洗ったところを忘れずに

二度洗いを防ぐことができるのかな?となりますよね。

 

なので、防止するコツを知ってこれから実践していきましょう

 

 

SPONSORED LINK

★お風呂のうっかりミスはどうやって防いだらいいの?

 

お風呂で子供に気を取られたり、

少し考えごとをしているだけでどこまで洗ったのか忘れるのを防ぐためには

ちょっとした工夫が必要です。

でもちょっとの工夫によってこれらを防止できるのなら

今日から始めてみてもよいかもしれませんね

 

なので、ここからは防止策をご紹介します。

 

○シャンプーのポンプ部分を変える

→シャンプーを使ったら、押したポンプの向きを変える方法があります。

そうすると、今シャンプーをしたかどうかわかります。

これなら簡単ですぐに実践できる方法ですよね。

image002

出典:http://www.taq-freaks.com/diary/2009/05/post-1924.php

 

○シャンプーボトルを背中に持っていく

→シャンプーをしたらシャンプーボトルを背中の後ろに持っていくことで

二度洗いを防ぐことができます。

シャンプーをしたかどうか手っ取り早くわかりますよね。

 

○一人芝居をしてみる

一人芝居をしてみると二度洗い防止をすることができます。

例えば・・・

「今、シャンプーしたらOKだよね~」

「ばっちりだよ。シャンプーしたからすっきりしたね」

「じゃあ、次はリンスをしないとね」

「了解」

お風呂の中でうるさいかもしれませんが、

ボーっとしていて洗い忘れをするよりは確実に二度洗いを防ぐことができます。

 

○指差し確認をする

→二度洗いを防止する方法として指差し確認があります。

自分のやったことややりたいことを指差し確認することで

うっかりミスを減らすことができます。

これは、仕事上でも役立つものなので、お風呂でも試してみてください。

 

image003

出典:http://blog.livedoor.jp/kazutoyo11/search?q=%BB%D8%BA%B9%B8%C6%BE%CE

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

お風呂で頭を洗ったかな?体を洗ったかな?と悩んでいた人も

これなら二度洗いを防ぐことができて、

今日からでも実践することができますよね

 

これを実践していけばそれが習慣となり、

ボーっとしていたときや子供に声を掛けられた時でも

簡単に確認することができますね

 

ぜひ、試してお風呂のあるあるを予防してみましょう

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ