妊婦でも温泉に入って大丈夫?気を付けたいポイントとは?


 

妊娠中は温泉に入ることができないと言われてきましたが、

最近では医学的な根拠がないということが伝えられています。

なので、妊婦さんは温泉に入ってもよいということになりますよね

 

そこで、今回は妊婦さんが温泉はいるときに気をつけるポイントについてご紹介します。

妊婦さんだって温泉に入ってリラックスしたいと思いますので、

ぜひ参考にしてみてください

 

 

SPONSORED LINK

★妊婦さんは温泉に入ってはいけないの?

 

image001

出典:http://mamari.jp/126

 

温泉に掲示している注意書きや効能というのは環境省が決めているものですが、

その内容が32年ぶりに見直しされました。

昔は、妊娠中は温泉に入るのを避けるべきだという規定があったので、

温泉なのでも禁忌事項に「妊娠中」という項目が上げられていました。

 

しかし、最近では医学的な根拠がないということから

妊婦さんでも温泉を楽しむことができるようになっています

 

 

SPONSORED LINK

★妊婦さんはどのような温泉があうの?

 

温泉には色々な種類があり、効能もそれぞれ違いますよね。

そうなると妊婦さんはどのような温泉が向いているのか悩んでしまいます。

 

そこで、ここからは妊婦さんが温泉で気をつけることをご紹介します

 

○単純温泉

単純温泉は刺激の少ない温泉となりますので、

妊婦さんにおすすめです。

妊娠中は皮膚が敏感になりやすく、

妊娠性痒疹になることが多いです。

 

そのため、

温泉で刺激の強い硫黄泉、食塩泉、ラジウム泉は避けた方が無難となります。

 

○長湯はNG

→妊婦さんが温泉に入るときは、長湯はできるだけしないようにしましょう。

なぜなら、のぼせる原因になったり心拍数が早くなります。

 

そのことで、赤ちゃんも体温が温まっていますので、

10分くらいの入浴にするか、

休憩してからまた入浴するようにしましょう。

 

○転倒に注意する

→温泉の床はとても滑りやすくなっています。

なので、転倒に注意しないとお腹の赤ちゃんに影響を与えてしまうことになります。

 

これはお風呂の周りだけではなく、

脱衣所も床が濡れているので転びやすくなっています。

なので、温泉に行ったら足元に注意してください。

image002

出典:http://happy30life.blog77.fc2.com/blog-entry-206.html

 

○露天風呂付きの部屋または貸切風呂がおすすめ

→妊婦さんで温泉を楽しむのであれば、

露天風呂付きの部屋貸切風呂がおすすめです。

 

これは、旅行先などで温泉を楽しむとき

「マタニティプラン」を用意しているところもあります。

 

妊娠中というのは殺菌への抵抗力が落ちますので、

みんなと一緒に温泉に入るよりも

個別に入る方が感染症などにかかる危険も少なくなります。

image003

出典:https://www3.yadosys.com/reserve/plan/detail/002/027/all/00220

 

★温泉がどうしても不安なら足湯を楽しもう♪

 

妊娠中に温泉に入ることにどうしても抵抗がある人は、

足湯を楽しんでリラックスしてみてはいかがでしょうか?

 

足湯であれば服を脱がなくてもよいので、

大きなおなかを気にしなくてもよいですし、

衛生面からしても不安が少なくなります

 

また、足湯であれば気軽に入ることができます。

そして、足だけをお湯に入れるのでのぼせる心配もありません

image004

出典:http://www.yosikawaya.com/onsen/ashiyu.html

 

★まとめ

 

いかがでしたか?

妊婦さんでも温泉に入ることができるようになったので、

少しでもリラックスすることができますね

 

でも、温泉に入るときは気をつけなければならないポイント

きちんと押さえておきましょう。

そうしないとせっかくの赤ちゃんに影響を与えてしまいます。

 

マタニティライフは本当に限られた期間だけですので、

素敵な思い出をたくさん作ってくださいね

 

SPONSORED LINK


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ